会則

 

ホーム
上へ
【保護者会会則】

第一条(名称)
 当会の名称は、大宮東フットボールジュニアクラブ(以下、「大宮東FJC」という)保護者会と称する。

第二条(目的)
 指導者(コーチ)に協力し、大宮東FJCが楽しく和やかに、かつ円滑におこなわれるように協力することを
目的とする。

第三条(組織)
 当会は、大宮東FJCの団員(小学1年〜6年生徒)及び大宮東FJCミクロの団員(幼稚園児年長児)の
保護者(以下「会員」という)によって組織する。
 
第四条(活動)
 会員は指導者及び会長の指示に従い、大宮東FJCが円滑に活動するように協力する。

第五条(役員)
 当会には次の役員を置く。
  1.会長:1名
  2.副会長:1名
  3.理事:6名
  4.会計監査:1名
  5.顧問:歴代会長
  6.会計・行事・広報・会場の各部長:各1名
 会長は必要に応じ会計・行事・広報・会場の各副部長及び清水カップの担当者を選任することができるもの
とする。

第六条(役員の任務)
  1.会長は当会を代表し、指導者と連絡を取り、当会の総括運営に当たる。
  2.副会長は会長を補佐する。また会長がやむを得ない事情で欠けた時は、会長の任務を代行する。
  3.理事は会長の指示する任務の処理にあたる。
  4.会計監査は当会の会計を監査する。
  5.顧問は会長及び指導者の相談役として寄与する。
  6.会計・行事・広報・会場の各部長は、各担当部門の責任者となり任務の遂行にあたる。

第七条(役員の選出)
  1.顧問以外の役員は会員の中から選出する。
  2.役員の選出は原則として会員の互選によるが、指導者がこれを行うことを妨げない。

第八条(役員の任期)
 役員の任期は1年とし、再任を妨げない。役員に欠員が生じた場合は原則として補充するものとし、その
任期は残任期間とする。

第九条(会計)
 当会の会計年度は4月1日より翌年3月31日迄とする。
 当会の経費は会費をもって充て、会費は月額を定め、細目は別に規定する。

第十条(会費)
 会費及び入会金は別途定めるものとする。
 ・入会金
 ・会費
 但し、大宮東FJCミクロ団員の保護者については、別途定めるものとする。

第十一条(決算)
 決算報告は総会において承認を得なければならない。

第十二条(総会)
 総会は4月に開催する。また会長は指導者と相談し必要に応じて総会を開催することができる。

第十三条(入会)
 当会の入会は原則として毎年4月とする。

第十四条(退会)
 団員の卒団によらずして止むを得ず退会しなければならない時は、あらかじめ指導者ならびに会長に書面に
より申し出、許可を得てから退会する。退会時における未経過分の会費は月割りにて返還する。


【役割分担表】
1.理事
・学年取り纏め
・連絡網責任者(含む連絡網作成)
・備品管理責任者(含む備品当番表作成)
・その他

2.会計
・金銭出納関係全般(会費徴収・経費支払・会計報告等)
・スポーツ安全保険の加入・保険金請求手続き)
・その他

3.行事
・夏合宿
・清水カップ(専任担当者選任の場合は除く)
・アミーゴ杯
・初蹴会
・卒団式
・上記行事に伴う写真関係(注文取り纏め・集金等)
・その他

4.広報
・団員名簿作成
・練習当番表作成
・広報誌「がんばれジュニア」発行
・「夏合宿のしおり」作成
・フリーマーケット(年2回)
・その他

5.会場
・練習会場手配(シビック・大宮小・東中等)
・総会会場手配(中部公民館等)
・学校間系折衝全般(挨拶・御中元・御歳暮等)
・その他

[細目]
1.会費の徴収は、3ヶ月を前納とし、徴収月は4月・7月・9月・1月とする。
2.理事は年度初めに学年会を開催し、係及び連絡網を作成し、大宮東FJC及び大宮東FJCミクロの活動が
 楽しく和やかに、かつ円滑に行われるようにする。
3.会員は練習日の当番に参加する。
4.団員の試合及び練習の送迎は、会員が各自責任をもって行う。

                                               以上
                                               平成7年4月1日改訂
                                               平成9年4月1日改訂
                                               平成14年4月7日改訂