標高と同じ1255回那岐山登頂

 退職後から那岐山(1、255メートル)に登り続け、季節を問わず短パ
ン、上半身は裸かTシャツで進む姿から“鉄人”と呼ばれる男性がいる。
5月に古希を迎える津山市小田中の笹尾元博さん(69)。昨年12月に
は標高と同じ1255回目の登頂を達成した。

 40代から登山を始めた笹尾さんは退職後、健康づくりを兼ね、2001
年元旦から那岐山登山を開始。一般人なら登り2時間、下り1時間40分
かかる登山口から山頂までの約3・6キロを往復で2時間を切る猛スピー
ドで、2、3日に1度のペースで登り続けた。

 那岐山の標高にちなんだ1255回目の登頂は12月17日に達成。
1258回目の同22日、登山仲間が山頂で開いた祝賀会では「すれ違う
だけで元気づけられる」「会えていなければ登山を続けていなかった」な
ど、祝福や称賛の言葉が“鉄人”に贈られた。

【詳しくは山陽新聞紙面をご覧ください。】(2009年01月11日)

                                   富栄山山頂にて 2008/10/16

この人が、我が師匠、       那岐の仙人、笹尾元博さんです!