清水設計一級建築士事務所 || コンセプト || 香川県高松市/ 岡山県倉敷市

dummy_0421.psd

■Consept

『最初から最後まで』

設計図面に、最初の線を引くのは、まずあなたに会ってからです。

先入観なく、あなたの土地と、あなたの住まい方を知ってからです。

言葉にならない夢をお持ちなら、目に見える形に描きましょう。

資金計画や土地に問題をお持ちなら、一つ一つ解決しましょう。

すべてを白紙から、ご一緒に考えましょう。

始まりから終わったあとまで、責任を持ってお手伝い致します。

『 デザインコンセプト』

すぐれた建築を見るとき、美しいと思うものはそのプロポーションばかりではありません。

時を経るほど味わいの出る素材を選ぶことは、とても大切なことと現代の暮らしのニーズに

こたえながら、古びることでその美しさはさらに深くなってゆく、

数十年後の姿が美しいものが、すぐれた建築ではないでしょうか。

【しつらえ・もてなし・装い、の空間】をモットーにシンプルで

【バランスのよい家づくり】を目指しています。

■Propose

『建築のデザインや機能だけでなく、コストも設計します。』

建築設計事務所や建築家に住いづくりを依頼すると【高く】つく。

そういう古い考え方は忘れてください。

建築家として、デザインや現場監理だけでなく、

【コストコントロール】も【重要な役割】だと考えています。

こだわるところに【お金をかけ】

そうでない部分は割り切って【コストを抑える】設計をします。

一生に一度の夢の家づくりは安心して、おまかせ下さい。

『四国の木で造る家づくり』

夏はひんやり、冬はほんのり温かい、

無垢の木の肌ざわりから季節の移ろいをたのしむ・・・・・・・

それは日本人だからの贅沢かもしれません。

高知県北部の嶺北は吉野川源流に位置し、

面積の90%森林という、極めて自然豊かな林業の盛んな地域です。

そして、嶺北の杉は薄いピンク色をした優しい木目が特徴で、

柱、梁材といった構造材、板材、造作材など、住宅の全ての部材に適しています。

いま日本で使われている木材の【80%】は【外材】で、

日本の山は、【ほったらかし】の【荒れた状態】になっています。

【木の家は一つの森】という話を聞き、

4年前から高知嶺北の杉材を構造に使った家づくりをしています。

木の家は30坪の家で約【20t のCO2を固定】し地球温暖化防止の事となり。

【町に森をつくる】を合言葉に、山と町をつなぐものになればと願っていす。

清水設計 一級建築士事務所
Yasuhiro Shimizu Architecto & Associates

Planning Model-1

IMG_0011.JPG
Type-1【水辺のある家】

Planning Model-2

  P1010840.JPG

Type-2【狭小ローコスト住宅-1】

Planning Model-3

App0002 のコピー.jpg

Type-3【狭小ローコスト住宅-2】

Planning Model-4

P1010303.JPG

Type-4【自然素材の家】

Planning Model-5

P1010158.JPG

Type-5【団欒ともてなしの家】

Planning Model-6

P1060153.JPG

Type-6【和モダンな家】





清水設計 一級建築士事務所
Shimizu Architecto & Associates