練餌を使ったフカセ釣り

最近の黒鯛釣りのフカセ釣りは、海水温の上昇やこませを撒く釣りが多くなったせいか、冬場でもエサ取りが多く、練りエサを使う機会が多くなりました。

練りエサは、それ自体の比重が高く、エサが馴染んだら「ウキ任せの流しっぱなし」という釣り方になってしまう場合が少なく無いと感じたことはありませんか?
それにより、なんとなく底しか狙わない釣り方になってくるような感じを受けたことがありませんか?


今までの経験上、黒鯛のアタリは圧倒的に、落ち込みや誘いをかけたとき、馴染んだ直後などにアタリが多いようです。
コマセを撒くこの釣りは、底付近の(もしくは底に落ちている)エサより、上から落ちてくるエサや誘いのかかったエサに興味を示すのではないでしょうか?
それならば、ウキ任せの流しっぱなしよりも、積極的にアピールしたほうが魚の目に止まり易いのではないか?
もちろん、その動きが逆に悪い結果となる時も有るかと思いますが・・・。


ここでは私が練り餌を使う場合の落とし込み方を紹介します。
分かり易いように落とし込み方を簡単にGIFアニメで製作してみました。

まずは仕掛け作りですが、エサの重みでウキ止めまできたウキがゆっくりと沈んでいくようにオモリの調整をします。
つまり、エサが無くなったら浮き上がってくるような浮力調整です。
ウキ選びは、けっして高価なウキが良い訳ではありません。
どうせ、海中に沈んでから道糸の糸フケと穂先でアタリを取りますので、ジンタン調整すれば安価なウキでもOKです。
でも小さめがいいかな〜。
ネリエ自体が水中ウキとなって、アタリウキを引っ張っていく感じかな〜。

ウキ下は水深よりも浅く取ります。
どの位かはその時の状況しだいでしょう。私は0.5〜1メートル位、浅くします。
0.5〜1は少ないようですが軽めの仕掛けは、引き上げると同時に仕掛け全体が引っ張られ斜めになりますので、それ以上に浮き上がることになります。状況にもよりますが、おそらくその倍、2メートル位は底から引き上げられているでしょう。
では、仕掛けをいれてみましょう!

戻る

もう一度見るときはブラウザの更新ボタンをクリックしてください。

仕掛けを入れます。ウキ止めまでは竿の操作やサミングで落とし込むスピードを調整します。

ウキ止めまで仕掛けが馴染むと、エサの重みで浮き自体がジワ〜っと沈んでいきます。
海中にゆらゆらと沈むウキはいかにもアタリそうです。

感覚的に底まで沈んだらワンテンポ待ち、仕掛け全体をそ〜っと引き上げます。
勢いよく引き上げてはいけません。
すでに食い込んでいる可能性がありますので穂先で聞くように、そっと誘い上げるような感じです。状況に応じて引き上げる量を調整してみてください。

そこから再度沈めていきます。この繰り返しです。

エサが無くなるとウキが浮かんできますので、エサ落ちが判断できます。

アタリは、ウキの沈み始めは沈む速度が変わりますので(解りますので)問題ありませんが、ウキが見えなくなってからは、糸フケと穂先に乗ってくるアタリや、聞きアタリで判断できます。
意外と道糸を張っていくアタリが多いです。

是非お試しください。