教 会 全 体 協 議 会
神奈川教会は、毎年2月に教会全体協議会を開いています。
協議の内容は、
 1.教会の諸課題を共有化し、具体的な施策を協議する。
 2.教会活動の方向付けに関し、自由に意見交換をする。

「協議」という名のとおり、意思決定機関ではありませんが、教会員の奉仕活動への意思表明や問題意識が浮かび上がってきますから、それを受けて、役員会が実行に向けての企画決定をし、場合によれば、定期教会総会に提案する計画を策定したりします。
年に一度の場ですが、この協議会で、神奈川教会のさまざまな活動の方向が議論され、実行に移されてきました。
 定 期 教 会 総 会
毎年4月に年度宣教方針や教会運営・活動全般について、定期教会総会で審議・決定します。
諸活動と会計決算の報告、次年度の宣教方針および活動計画・予算案の審議、現住陪餐会員による役員の決定などを行います。