1. トカラ列島と十島村

屋久島の南には、トカラ海峡が広がり、トカラ海峡で大隅諸島が終わる。
トカラ列島は大隅諸島と奄美群島の間に広がる島々で、
そのほとんどが、霧島火山帯に属する火山島である。
トカラ列島は、大隅諸島から奄美群島への琉球弧の架け橋となり、
古来から琉球弧を行き交う人々に、琉球海道の中継点としてその存在が知られてきた。
興味深いことに、トカラ列島のほとんどの島で「平家の落人伝説」が残されており、
島民は平家の子孫であることを自負している。
平家の落人伝説は、九州の山奥の椎葉や五木でも見られるが、
三島村の硫黄島やトカラ列島、そして喜界島や奄美大島、加計呂麻島でも残されている。
平家の落人が大和の京文化を南西諸島に持ち込んだことは、間違いないようである。

トカラでは、中世、日本と琉球王国の架け橋を担っていた史実が残されている。
トカラの島々の住民は、薩摩に間接的に服属することで、
薩摩の御用聞きとして、南方の事情を薩摩に伝える役割を果たし、報酬を受けていた。
また一方で、琉球王国に日本の事情を知らせて、報酬を受けていた。
薩摩が琉球支配に乗り出すときには、その指南役として手引きをしながらも、
琉球王国に対して薩摩の意図を伝達し、平和裏に支配が運ぶよう琉球王国を説き伏せていた。
奄美大島と喜界島までは琉球王国だったが、トカラ列島は琉球王国の支配を受けたことはなく、
かといって薩摩も薩南諸島より南にあるトカラ列島は、領地として支配なかった。
トカラ列島はあまりにも小さな島々だったため、領地としての価値がなかったからだが、
それゆえに、日本と琉球王国の架け橋となる中立したポジションになりえたのである。

トカラ列島は現在十島村に所属し、7つの有人島と5つの無人島を持つ。
島の領域は南北150kmを越え、海域も含めた領域面積で「日本一長い村」である。
明治維新後、7島の有人島に三島村の3島の10島で「十島村」として誕生したが、
戦後、トカラ海峡より南部がアメリカに占領されると、3島が独立して「三島村」となった。
そして1952年に十島村が日本復帰にすると、
三島村となった3島を除いた7島で「十島村」は復活した。

有人7島は北から口之島、中之島、平島、諏訪之瀬島、悪石島、小宝島、宝島で、
無人5島は臥蛇島、小臥蛇島、小島、横当島、上ノ根島である。
トカラ列島は小さい島ばかりで、一番大きな中之島でも周囲30km程度しかなく、
一番小さな小宝島は周囲4kmほどしかない。
人口も各島40~170人しかおらず、7島合計でも700人に満たない。
トカラの島で最も人口の多い中之島がトカラ列島の中心的役割を果たしているが、
十島村役場は利便性のよい鹿児島市内にある。
鹿児島港にほど近い場所に、三島村役場とともにあるが、
自治体の領内に役場がないのは、全国でも十島村と三島村と沖縄県の竹富町だけである。

十島航路フェリー乗り場

鹿児島本港・南埠頭十島フェリーターミナル

フェリーとしま

出港を待つフェリーとしま

フェリーとしま出港

鹿児島本港・南埠頭の岸壁を離れるフェリーとしま

2. トカラ海峡を越えて

トカラ列島へ行くには、 鹿児島または奄美大島から村営定期船「フェリーとしま」に乗る。
「フェリーとしま」は週に2~3日、深夜に鹿児島港を出航するが、
出航日は不定期なので、事前に十島村ホームページで確認する必要がある。
以前は、行き先は宝島行きと奄美大島行きの2パターンあったが、
2013年より原則、週3日の航海がなくなる代わりに、全便が奄美大島行きとなった。
トカラ列島へは一切の空路がなく、「フェリーとしま」だけなので、訪れるのは困難であり、
それもこの航路、波がちょっとでも荒れようものならすぐ欠航となるため、
トカラ列島へ行くには、ある種の覚悟が必要である。
その敷居の高さゆえに、トカラ列島は「日本最後の秘境」のひとつに数えられている。
十島村では、「刻を忘れる島」のキャッチコピーで、その秘境ぶりをPRしているが、
トカラ列島の有人7島をすべてめぐるとなれば、相当の費用と労力がいる。

トカラ列島の島々は、各島100人前後しかいない小さな島が、
数10kmの距離を隔てて点在しており、島相互の交流も簡単にはいかない。
現在は十島村が音頭をとって、精力的に島相互の交流を促進させているが、
つい最近まで、地元民が「隣の島にすら行ったことがない」というのも、当たり前のことだった。
まさにトカラ列島は、絶海の海原に隔絶された孤島の群れといえよう。

「フェリーとしま」の出港する深夜だけ、鹿児島港・南埠頭は活気で包まれる。
その光景を見るだけで、トカラへの旅情が掻き立てられるだろう。
全便が奄美大島行きとなったことから、途中下船しなければ、
トカラ列島の島々に立ち寄りながら、奄美大島へクルーズすることもできる。
また奄美大島からトカラへ行くことも以前より格段に容易になった。
ただし、早朝3時というとんでもない早い時間に名瀬港を出港となるので注意が必要である。

深夜23時、「フェリーとしま」はゆっくり鹿児島港・南埠頭を出航した。
鹿児島の街明かりは海面に反射してゆらゆらと瞬きながら、次第に遠くなっていく。
「フェリーとしま」は種子島や屋久島のある大隅諸島を過ぎて、トカラ海峡を越える。
このトカラ海峡は、東シナ海と太平洋をまたがって流れる黒潮が横切る海上の関所。
黒潮の潮流は、台湾の東から一旦東シナ海に入り、
トカラ海域で東に向きを変え太平洋に抜ける。
トカラ列島のある海域は黒潮が南西から北東に向けて流れていて、
大潮ともなると、西から東に向かう潮流は時速15kmにもなる。
その強い潮流のために、トカラは古くから海上の難所だった。
その難所の中でも最大の難所と言われるのが、屋久島と口之島の間にあるトカラ海峡で、
屋久島と口之島の間には、平瀬と呼ばれる浅瀬の岩礁帯があり危険であり、
波が荒れるとすぐに「フェリーとしま」は欠航になる。
もうひとつ欠航になりやすい大きな要因は、トカラ列島の港が外洋に面していることである。
火山島で浅瀬がないトカラの島では、まともな防波堤を造ることができず、
桟橋は外洋の波の影響を受けやすく、停泊しにくいのである。
ただでさえ運行本数が少ないのに、欠航が多く、なおかつ飛行機が利用できないともなれば、
日程的な余裕が無いとトカラ列島へ行くのは難しい。

フェリーとしま船室

フェリーとしま船室

フェリーとしま案内所

フェリーとしま案内所

フェリーとしま航路表示板

船内にある航路表示板

TOPへ戻る
口之島接近

トカラ列島最北の島・口之島

西之浜港

口之島・西之浜港

西之浜の眺め

西之浜港と西之浜集落

3. 口之島(前編)

ぐっすり眠っていると口之島到着のアナウンスで目が覚める。
デッキに立つと「フェリーとしま」は、夜が明けたばかりの岸壁に接岸しようとしていた。
鹿児島本港より口之島・西ノ浜港までは、6時間の船旅。
口之島は周囲20km、人口120人の小さな島だが、
トカラ列島の中では、大きい方の部類に入る。
霧島火山帯に属する火山島で、硫黄島と口永良部島の延長上にあり、
屋久島から70km、鹿児島から200km離れた場所にあって、
鹿児島と奄美大島のおよそ中間に位置する。
島は南北に細長く、中央には燃岳、前岳、横岳の3つの火山が聳えている。

口之島には、西ノ浜港に面した「西ノ浜集落」と、
山を越えて東海岸に面した「口之島集落」の2つの集落がある。
島の中心となる口之島集落へは、西之浜港から潮見峠を越えて行く。
潮見峠への坂を上がっていくと、道路沿いにハイビスカスの花が咲き乱れ、南国風情が溢れる。
潮見峠を越えると口之島集落で、眼下に前之浜を見下ろした。
口之島集落は前之浜から続くなだらかな山の斜面に面したところにあり、
学校、集会所、役場の出張所、診療所、郵便局、商店などが集まっている。
口之島集落の中心には「コウ」と呼ばれる湧き水があり、大きなガジュマルの木がある。
離島において最も貴重なのは水源であり、水源のあるところに集落があるのが一般的である。
それを示すように、口之島集落は「コウ」を中心に広がっていた。
口之島集落の中心地には、また、「さとの湯温泉」がある。
週に2~3日夕方に営業する温泉で、営業日は事前にチェックが必要だが、
鹿児島から来る場合、次のフェリーで帰るまでに一度は入浴する機会が得られるだろう。

西ノ浜港からフリイ岳のある口之島北端のセリ岬へ向かうと、
平瀬海水浴場の先で、ゲートが道を塞いでいた。
ゲートの先は牛の放牧場で、ゲートの中に入ったらきちんと閉めておかないといけない。
道はセリ岬まで放牧場の中を続き、そこから赤瀬と呼ばれる海岸まで歩いた。
赤瀬に着くと、弓状に伸びる口之島の北海岸が顕になる。
北海岸のいちばん東端に見える岬は大立神で、その横に前岳が見える。
前之浜から大立神まで弓なりに伸びる北海岸はトカラ海峡を望む長い浜になっている。
玉砂利の石ころが転がり、砂浜には程遠いゴツゴツした浜だ。
天気が良ければ、トカラ海峡の向こうに、屋久島や口永良部島を望むことができる。
北海岸が見下ろせる丘の上に立つと、放牧された牛がいた。
口之島では海沿いの急な斜面でさえ、放牧場として利用されている。

前岳・横岳・烏帽子岳

左より、前岳・横岳・烏帽子岳

ハイビスカスの咲く道

ハイビスカスの咲く潮見峠への道

口之島集落

前之浜からの斜面に広がる口之島集落

口之島の集落

口之島の集落

口之島集落の中心にあるコウ

口之島集落の中心にある「コウ」

さとの湯温泉

口之島集落にある「さとのゆ温泉」

口之島郵便局

口之島郵便局

口之島の北海岸

口之島の北海岸で放牧された牛

前之浜と前岳

大立神まで続く前之浜と前岳

TOPへ戻る
北海岸線とフリイ岳

北海岸線とフリイ岳

タナギ峠への道

タナギ峠への一周道路から北海岸を見下ろす

タナギ峠を越えた南海岸

タナギ峠を越えると南海岸が眼下に広がる

4. 口之島(後編)

島の東へ向かい、戸尻で北海岸の浜に降りると、
赤瀬から大立神まで弓状に繋がる北海岸を一望する。
北海岸の浜は前之浜から大立神まで3kmに渡って続いているが、
これだけ長い浜はトカラでは珍しい。
北海岸の浜を離れて、島を一周する道路を時計回りで進む。
島を一周する道路は、次第に標高を上げて眼下に北海岸を見下ろした。
島の東海岸や南海岸は断崖になっているため、北海岸から道は一転して登り坂となる。
島を一周する道路は燃岳とタナギ山の間にある標高267mのタナギ峠まで坂となり、
そこから一気に坂を下る。
タナギ峠を越えると口之島水道が現れ、断崖の南海岸が眼下に出現する。
そして南海岸の沖合には、中之島が見えてくる。
中之島の最高峰である御岳は、トカラ富士と呼ばれる活火山で、円錐形の山容が美しい。
七曲りの急坂を降りていくと、道路をのんびり歩く「牛の一家」と遭遇した。
燃岳一帯に生息している「口之島牛」と呼ばれる野生の牛で、
日本の純血種の黒毛和牛が残されているのは口之島だけという、貴重な存在である。
親牛はまるで敵でも見るようにこちらを凝視すると、子牛を守るように背後に導いた。
子牛はまだ小さく、突然の出来事に怯えていたようだが、無理もない。
ここは集落から最も離れた島の端であり、人がやってくることがほとんどない場所なのだ。

タナギ峠を降りると海側に三叉路があり、そこに「セランマ温泉」と書かれた看板があった。
「セランマ」とは漢字で「瀬良馬」と表記する。
海に向かって急坂を下って行くと、集会所のような建物があり、
内部には和室や浴室があり、口之島の温泉保養施設となっている。
建物の奥には露天風呂があり、秘湯の雰囲気を感じさせてくれた。
セランマ温泉は秘湯マニアには堪らない、口之島の南海岸に潜む隠れた温泉である。
ただし前之浜集落から9km離れているため、徒歩だと2時間はかかる。
また施設は無人なので、利用したい場合は、
あらかじめ島の総代に利用許可を得て、鍵を借りておく必要がある。

口之島の南海岸は断崖だが、崖上の一帯は放牧場になっている。
この辺りは、県の天然記念物になっている口之島の固有種「タモトユリ」の自生地でもある。
人の気配がまったくない長閑な風景は、時間がたつのも忘れるほどだ。
島周道路は烏帽子岳と横岳の間の丘を縫って北に進路を変え、放牧場の中を通り抜ける。
眼下に前之浜集落が見え、フリイ岳とセリ岬の眺めが美しい。
ふと見上げると、前岳を背に「口之島牛」の像があった。
放牧場の中には、横岳へ登る坂の入口がある。
標高500mの横岳山頂のすぐ手前まで一気に坂を上がると、NTTの無線通信所があり、
正面に絶海の孤島に浮かぶ中之島や口之島の北部一帯を見渡すことができる。
眼下には、放牧場が広がり、烏帽子崎の断崖が見下ろせる。
紛れもなく、口之島で最も眺望の素晴らしいところである。

口之島牛

野生の「口之島牛」が道路を塞ぐ

セランマ温泉分岐

セランマ温泉は此処から急坂を降りる

セランマ温泉

セランマ温泉の施設

セランマ温泉露天風呂

セランマ温泉の露天風呂

中之島展望

口之島水道の向こう側に見える中之島

タナギ山と南海岸

振り返ればタナギ山とタナギ峠への一周道路

前岳と口之島牛の像

前岳と口之島牛の像

口之島集落

口之島集落を眼下に見下ろす

フリイ岳眺望

口之島最北端のフリイ岳がよく見える

TOPへ戻る
中之島接近

口之島水道を挟んで見える中之島

トカラ富士

トカラ富士が眼前に迫る

中之島港

中之島港俯瞰

5. 中之島(前編)

村営定期船「フェリーとしま」は、西ノ浜港を出航すると次の寄港地である中之島港へ向かう。
口之島と中之島は口之島水道を挟んで僅か十数kmしか離れておらず、
西之浜港を出港するとすぐ正面に中之島の島影が見えてくる。
眼前に迫ってくるのは、標高979mの御岳で、トカラ富士の異名を持つ美しいコニーデ火山。
洋上にいきなり1000m級の山が聳えるのだから、その眺めは爽快である。
中之島も霧島火山帯に属する火山島で、周囲は28km、人口150人で、十島村で一番大きな島。
かつては、この島に村役場があったが、昭和30年代に鹿児島市内に移転してしまい、
現在は、役場庁舎は役場の支所になっている。
役場は鹿児島市内にあるため、役場の職員が鹿児島市民になってしまい、
住民税が町に入らないなど問題があり、再び役場をこの島に戻そうという話もある。
中之島は十島村を代表する島なので、トカラを訪れたら一度は立ち寄りたいところだ。

役場支所の前には「汽船もまた道路なり」の石碑が立つ。
航路も道路と同様に扱って欲しいと陳情して、村営航路の開設に尽力した文園彰氏の言葉だ。
「フェリーとしま」は十島村住民にとって生活の糧である。
生活物資も、畜産物などの生産物の輸送も、十島航路なしには成り立たない。
また、島の電力となる火力発電の原料となる重油も、
島で利用されるガソリンも十島航路で運ばれる。
トカラの島々にはガソリンスタンドがないため、各々が鹿児島からドラム缶で仕入れている。
そのため各家の軒先にはガソリンの詰まったドラム缶が置いてある。
輸送費などで島民は高い原価で仕入れているので、
譲ってもらいたいと交渉をするときは、本土の倍の値段くらいは気持ちよく払いましょう。
トカラ列島は国道58号が立ち寄らないほど小さな離島の群れだけれども、
その離島ひとつひとつにとって、「フェリーとしま」こそが、”海の国道”なのだ。

中之島には「西集落」と「東集落」の2つの集落がある。
どちらも中之島水道に面した島の南海岸沿いにあり、
中之島港に近いのが西集落で、島の北側へ向かう横断道路を挟んだ向かい側が東集落。
西集落には役場支所があり、東集落には郵便局と学校がある。
学校には、中之島から鹿児島や沖縄までの距離が書かれた距離標の柱がある。
また、中之島には十島村で唯一の駐在所があり、警察官がいる。

西集落と東集落の両方に温泉があり、それぞれ「西区温泉」、「東区温泉」という。
いずれも海岸に面したところにあり、村民が気軽に入れる温泉になっている。
露天風呂がないのが残念ではあるが、ちょっと熱めの湯加減が気持ちいい天然の温泉。
白濁色で硫黄臭がする。
温泉から出た後に、ビールを飲みながら、見上げるトカラ富士の眺めは最高である。

十島村役場支所

十島村役場支所(旧十島村役場)

汽船もまた道路なり

「汽船もまた道路なり」の石碑

中之島小中学校とトカラ富士

中之島小中学校とトカラ富士

距離標

中之島小中学校にある距離標

中之島郵便局

中之島郵便局

西区温泉

西区温泉

西区温泉

西区温泉

東区温泉

東区温泉

東集落とトカラ富士

東集落とトカラ富士

TOPへ戻る
トカラ富士登山道

トカラ富士登山道

トカラ富士火口

トカラ富士火口

高尾地区からのトカラ富士

高尾地区から見上げるトカラ富士

トカラ馬とトカラ富士

トカラ馬とトカラ富士

6. 中之島(後編)

中之島に訪れたらトカラ富士に登ってみたい。
8合目までは舗装された道があるので車で楽に登ることができる。
七曲りの道を車で上がっていくと30分、歩けば2時間で8合目に着く。
そこには鹿児島から沖縄に電波を搬送する中継所やNTTの中継アンテナがある。
8合目から山頂までは、さらに徒歩で30分かかる。
琉球竹が生い茂る山道を歩いて行くと、なだらな山頂の丘に上がり、
やがて眼の前に御岳の噴火口が現れ、もくもくと噴煙を上げていた。
トカラ富士が火山であることを思い知るとともに、
山頂からは中之島が見下ろせ、海の向こうに諏訪之瀬島や平島が望め、眺望が素晴らしい。

西集落と東集落の間から出ている島の横断道路は、
高尾地区と呼ばれる標高220mの丘陵まで七曲りの坂道となる。
坂を上がり切ると一面に牧場が広がり、トカラ富士を目の前に拝むことができる。
牧場では「トカラ馬」と呼ばれる日本の在来馬が飼育されている。
トカラ馬は、競走馬より一回り小さいポニー種で、愛嬌がある。
日本馬の原種として貴重なため、天然記念物に指定され、ここで保護育成されている。
トカラ富士を背に日本馬の原種たるトカラ馬が戯れる光景は、余りにも長閑だ。

また、高尾地区には十島村の天文観測所や歴史民俗資料館がある。
なかでも十島村歴史民俗資料館は、トカラの歴史や自然に触れることができ、興味深い。
日本本土と隔絶された絶海の孤島にあって、
琉球弧を通じて、大陸の文化を日本へ伝搬する役目をしながら、
日本文化と琉球文化、相互の影響を受けて、トカラは独自の文化を形成してきた。
縄文時代から人が住んだ形跡があり、琉球弧の島として古くから認知されていたことが伺える。
トカラはまさに大陸、沖縄、そして日本の架け橋となった島々なのだ。
十島村歴史民俗資料館は、中之島に訪れたら一度は訪れたいところだが、
職員が不在だと閉館になることもあるので、事前に訪れる旨連絡をしておきたい。

高尾地区を過ぎて島の横断道路を進むと、道が3つに分岐する。
ひとつは御岳を一周する道、ひとつは御池へ通じる道、
そしてもうひとつは中之島の東海岸へ向かう道だ。
御岳を一周すると15km以上の距離があるが、所々から御岳を拝むことができる。
御池は御岳の火山湖で、「底なし沼」と呼ばれる静かな池だ。
そして東海岸へ続く道は、標高270mの峠を越えて、琉球竹に覆われた七曲りの道が続いていく。
道が曲がりくねっているので北海岸までの道のりは想像以上に長い。
峠から2km坂を下りたところに三叉路があり、そこで左折して急坂を降りると七ツ山海岸に着く。
七ツ山海岸は海水浴場になっていて、正面に口之島が見える。
さらに北海岸を東へ進んで行くと、中之島東南端のセリ崎に至る。
セリ崎には椰子の木に囲まれた「ヤルセの灯台」が立ち、碧い海に映えている。
正面には、口之島の見晴らしが最高に素晴らしい。
振り返れば白波の洗礼を受ける、七ツ山の海岸線が続き、
その奥には、トカラ富士が顔をのぞかせていた。
セリ崎の先で道は行き止まりとなっているが、沖合に諏訪之瀬島が現れる。
中之島の南海岸からは、諏訪之瀬島の他に、臥蛇島という無人島が見える。
臥蛇島は夕焼けに赤く染まるとき、最も美しく見える島だ。

十島村歴史民俗資料館

中之島にある十島村歴史民俗資料館

十島村歴史民俗資料館

トカラの歴史や文化、風俗が展示されている

底なし沼とトカラ富士

底なし沼とトカラ富士

七ツ山海岸

口之島水道に面した七ツ山海岸

七ツ山海岸とトカラ富士

七ツ山海岸とトカラ富士

セリ岬にあるヤルセの灯台

セリ岬にあるヤルセの灯台

ヤルセの灯台

ヤルセの灯台

セリ岬から口之島を望む

セリ岬から口之島を望む

セリ岬から諏訪之瀬島を望む

セリ岬から諏訪之瀬島を望む

TOPへ戻る