磨き鋼材 ・ 一般鋼材の寸法切を一個からネット販売
SS・S45C丸材、角材 磨き鋼材各種寸法切 小西鋼材   小西鋼材の店舗営業時間 月曜日〜金曜日 8:30〜17:00 土曜日 8:30〜12:00
 サイトマップ   リンク    会社概要  
 小西鋼材HOME鋼材寸法切詳細    
鋼材寸法切商品のお見積りから、お客様のお手もとまでの流れです。
  ご注文利用ガイド  
  ミガキ鋼材詳細  
 
平 鋼

丸 鋼

四 角 鋼

六 角 鋼
 
  一般鋼材詳細  
 
平 鋼

丸 鋼 ・ 四 角 鋼

S50C 鋼材
 
  一般形鋼材詳細  
 
アングル鋼

チャンネル鋼

ジョイスト鋼

エッチ鋼

リップ溝形鋼
 
  鋼管詳細  
 
SGP

STKM13A-SH

STKM13C E-C

STPG 370

OST-2

STKMR

STKR
 
  鋼板類  
 
鋼板・縞板

エキスパンドメタル
パンチングメタル
 
  その他金属材料詳細  
   焼き入れロット棒
(オイルテンパー線)

 
     
   配送商品を検索  
  ご注文品の配送状況が検索できます。 お送りしました伝票番号をご用意下さい。  
  佐川急便利用時の配送料金  
  規格の表記  
  注文のための各鋼材の寸法表記法  
   一般鋼材

磨き鋼材

一般形鋼材


パイプ 
 
  鋼材販売でよく頂くご質問   
  鋼材お見積りについて

鋼材注文について

お支払い方法について

発送方法について
  
 
  2〜3日すぎても見積り回答がないお客様へ。   
  参考読み物    
  鋼材の重量を計算してみましょう   
   
鋼材お見積りの壺 
鋼板切断編
 
   レーザーカット品のお見積りのための図面の書き方です。
図面で切っちゃえ!
レーザーカット編

レーザーカット品の
取り扱い 


見積り書の書き方
 
   アングル鋼材に穴をあけるための基礎知識です。
ここに穴あけてんか!
 
     
   企業情報サイト ザ・ビジネスモール
企業情報サイト
ザ・ビジネスモール
 
  藤井寺市・柏原市・富田林市の相談が出来る金属加工屋さんたちです。 
相談が出来る町の
小さな金属加工屋さん
 
一般鋼材、磨き鋼材の寸法切を大阪府藤井寺市から販売しています。
 
鋼材寸法切詳細
当店がお得意様から頂くご注文の鋼材寸法切商品は小さな材料でも一個からお伺いしています。
鋼材といっても材質・サイズの種類は色々。 必要な部分に必要な材料を細かく選択出来ます。
     
鋼材の種類
     
一般鋼材黒皮平鋼 材質SS400・S50C 一般鋼材黒皮丸鋼 材質SS400・S45C・S55C 一般形鋼材 アングル・チャンネル・エッチ鋼 
一般鋼材(黒皮)平鋼
材質 SS400・S50C
一般鋼材(黒皮)丸鋼
材質 SS400・S45C・S55C
一般形鋼材
アングル・チャンネル・エッチ鋼
     
磨き鋼材各種 SS400・S45C    
磨き鋼材各種
材質 SS400・S45C
   
     
  お得意様からの一回のご注文では材質や種類を色々取り混ぜてのご注文が普通です。他にパイプの寸法切やシャーリング・ガス切のご注文も頂いています。

※ パイプ寸法切・ガス切・シャーリング加工品は
   お取り寄せ品になります。

     
寸法切商品の切断面の特徴
材料を切断する時は専用の切断機を使用します。
バンドソーマシンといって歯厚1mm程度の薄くて
しなやかな円形の帯鋸を回転させて切断します。

バンドソーマシンで切断した切断面は特徴のある
歯跡を残しますが、これは材料と歯の接触面では
細かな振動やブレが生じる為不規則な線状の
凹凸のある切削痕が出来るものです。

切断面は粗い状態でのお渡しになりますが、
多くの機械部品の場合は最終的な仕上げ加工が
必要になります。
 

 バンドソー(帯鋸)


バンドソーの切断面
金属材料の注文で気を付けたい事
どこの鋼材屋さんにでも注文する時はそうですが、お客様が材料を注文する時には
何点か気を付けたい事があります。
間違って注文したものは商品の性格上取替えや返品は出来ません。
慎重に材料を検討をする必要があります。
 
・ 材質
 ごく普通に出回る鋼材を選ぶ基準には大きく分けて黒皮鋼材と磨き鋼材があります。

黒皮材の特徴としては、
 ・ 安価である。
 ・ 表面を加工しなくてもそのまま使用できる部分には安上がり。
 ・ 希望する厚みまで切削加工できる(特にSS材は加工性がよい)
 ・ 多少放置していても錆びにくい。

デメリットとしては
 ・ 規格サイズ(厚みと幅)に対して多少マイナスに製造されています。
   それでいて直角度や真円等のカタチはイマイチ。
 ・ 黒皮が部分的に剥がれていてわずかな凹凸があったり、全体的にも平滑度が
   アバウト。
 
磨き材の特徴は
 ・ 規格サイズに対して正確。
 ・ 黒皮材に比べ高価ではあるが表面が加工されているため加工時間が短縮
   出来る。
 ・ 見た目は光ってきれい。

デメリットとしては
 ・ 放置すると早く錆びがつく。 
   (油を塗布するなどをして保管する必要がある)
 ・ 高価である。
 ・ 厚みを薄くしようとして切削加工をすると、反りがでてくる。(特性上)


更に両者には幾種類の材質がありますが、黒皮鋼材だけを見ても、SS400・S50C、
S45C・S55Cと材質が多様です。
同じ黒皮材でも見た目や重さでは分かりません。
一方磨き鋼材では主にSS400とS45C材があります。

磨き鋼材と黒皮鋼材は見かけ上は判断できますが、サイズは同じでも値段が大きく
違い加工性も違ってきます。
機械部品などでは使用部位によって材質間違いは使えない事態が生じます。
図面の材質指定には要注意です!

・ 仕上がり寸法
 最終的に完成する製品の最大外観寸法です。
 注文時は削り代を考慮して(3〜5mm程度プラスして)注文します。
 削り代(しろ)に余裕が無いと仕上がらない事もあります。

・各種鋼材サイズ表と実測寸法の誤差

磨き材以外の鋼材は鋼材サイズ表(重量表)に記載しているサイズは必ずしも
実物の各寸法に厳密には対応していません。


これは規格上の呼び寸法ですが実物を計測してみても分かるように、若干
マイナス目のサイズになっています。
例えば平鋼6mm×50mmという呼びサイズの材料であっても必ずジャストに
6mm×50mmにはなっていないので精度が求められる加工ではう一つ大きな
サイズを選ぶ事になります。


これらを参考にしながら、材料コスト、加工時間や効率等を計算していく必要が
あるのですが、何よりも
どんな材質でを伝える事が大切です。

これを間違うと見積り額が大きく違ってきたり、購入してから図面の指定材質と
違っていて失敗した!という事は防げるものだと思います。
お客様とお店の意思疎通は大切にしたいものです。
     
鋼材お見積りフォームはこちら
 
 
            寸法切商品についてトップに戻る

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | サイズ表、各種内容ご利用について 
商品代金のお支払いについて | 商品発送について | キャンセル・返品について 
お見積りフォーム | 磨き鋼材サイズ表 | 一般鋼材サイズ表 | S50C鋼材サイズ表 | 
一般形鋼材サイズ表 | パイプサイズ表鋼板・縞板寸法切り参考表
リンク集  サイトマップ
SS、S45C丸、角材 磨き鋼材各種寸法切 小西鋼材
Copyright (C) 2009 Konishi Kouzai. All right reserved.