HOME

 

遺言書の確認

遺産分割

遺留分

相続人行方不明

特別縁故者

相続TOP

 

検認手続

寄与分

相続放棄

相続人不存在

相続Q&A

 

 

 

 

◇特別受益について

 

【特別受益とは】

 特別受益とは、相続人が被相続人から遺贈を受けたり、生前に婚姻費用、養子縁組費用、生計の資本などの贈与を受けたりした場合の当該財産のことをいいます。

 

【特別受益がある場合の具体的相続分の計算】

 被相続人が相続開始の時に有していた財産の価額に、特別受益に該当する財産の価額を加えたものを相続財産とみなし、これに指定又は法定の相続分の割合を乗じて、各相続人の相続財産を算出します。

特別受益のある相続人は、上記の相続財産から特別受益の価額を引いたものが具体的相続分となります。なお、計算の結果「マイナス」となった場合でも、具体的相続分が「ゼロ」となるだけで、マイナス分を他の相続人に支払う必要はありません。

 

【特別受益に該当する?】

@子が別世帯を持つ際に不動産を分与した場合

→該当します。

 

A営業資金の贈与

→該当します。

 

B遺贈

→全て該当します。

 

C特定の相続人を受取人とする生命保険金

→原則として該当しませんが、相続人間において著しく公平を欠くというような特別の事情がある場合に限り、該当します。

 

D相続人である子が大学教育を受けるために要した費用

→兄弟のうち一人だけが大学教育を受けているような場合には該当する可能性が高い。

 

 

◇特別受益について