HOME

 

遺言書の確認

遺産分割

寄与分

相続人行方不明

特別縁故者

相続TOP

 

検認手続

特別受益

相続放棄

相続人不存在

相続Q&A

 

 

 

 

◇遺留分について

 

【遺留分とは】

 遺留分とは、一定の範囲の相続人が相続に際して法律上取得することを保障されている相続財産の一定の割合のことをいいます。

 

【遺留分権利者】

 遺留分を有する相続人の範囲は、民法上「兄弟姉妹を除く相続人」と定められています。

 法律的には、「子及びその代襲者、直系尊属並びに配偶者」ということになります。

 簡単に言えば、夫、妻、子供(子供が既に亡くなっている場合には孫)、両親です。

なお、両親(直系尊属)は子供がいない場合にのみ該当します。

 

【遺留分の割合】

 相続人が、両親(直系尊属)のみの場合は、本来の法定相続分の3分の1が遺留分となります。

 上記以外の場合は、本来の法定相続分の2分の1です。

 

【遺留分算定の基礎となる財産】

 「相続開始時の財産+生前贈与の財産−相続債務」です。

 生前贈与の財産については、その全てが対象となるわけではありません。対象となるのは、

@相続開始前1年間にされた贈与

A当事者双方が遺留分権利者に損害を与えることを知ってした贈与(不相当な対価による売買等を含みます。)

B相続人の特別受益財産

です。

 

【遺留分減殺請求】

 被相続人の生前行為や遺言書によって自分の遺留分を侵害されていることを知った相続人=遺留分権利者は、財産を取り戻したい場合には、そのことを知ってから1年以内に遺留分減殺請求をする必要があります。

 この請求は、法律上必ずしも文書によることは求められていませんが、実際には「内容証明郵便(配達証明付き)」で行います。


☆遺留分については、ブログで詳しく書いていますので、是非ご覧ください。

ブロ


※一部法律的には正確でない表記となっている箇所もありますが、実情に合わせ、わかりやすいように表記しています。

※遺留分の制度はとても複雑で難しい問題です。法律家でも誤った理解をしている方がいるほどです。「うちの場合はどうなんだろう?」、「どうすればいいのかわからない」などといった疑問点がございましたらお気軽にご相談ください。

 

 

◇遺留分について