HOME

 

遺言書の確認

遺産分割

寄与分

相続人行方不明

特別縁故者

相続TOP

 

検認手続

特別受益

遺留分

相続人不存在

相続Q&A

 

 

 

 

◇相続放棄について

 

【相続放棄制度】

 相続の放棄は、一応生じた相続の効果を、相続人が、確定的に拒絶し、初めから相続人でなかった効果を生じさせるものです。

 一般的には、被相続人が残した借金が相続財産より多い場合に行います。

 

 なお、相続第一順位の子が全員相続を放棄すると第二順位の直系尊属(親、祖父母など)が相続人となります。第二順位の直系尊属の方がいない又は全員相続放棄をした場合には、第三順位の兄弟姉妹が相続人となります。

 したがって、相続放棄をする場合には、後順位の相続人となる方に「相続放棄をする旨」と「その結果、あなたが相続人となる旨」を伝えるべきでしょう。

 

 

【相続放棄の方法】

 相続の放棄をしようとする者は、原則として、自己のために相続の開始があったことを知った時(自分が相続人となったことを知った時)から3ヶ月以内に、家庭裁判所に申述しなければなりません。

 具体的には、被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に、@申述者の氏名及び住所、A被相続人の氏名及び最後の住所、B被相続人との続柄、C相続の開始があったことを知った年月日、D相続の放棄をする旨を記載した申述書を提出します。

 

 

【相続放棄の注意点】

@安易に相続放棄をしない

 父親が亡くなって、母親に全ての財産を相続させるために、子供が相続放棄をするというケースがあるようです。

しかし、第一順位の子が相続放棄をすると前述の通り後順位の直系尊属や兄弟姉妹が相続人となりますので、相続放棄をしたことによってこれらの方ともめることになった事案があります。

このケースでは、相続放棄をするのではなく、母親と子供で遺産分割協議をして、母親に財産を相続させるというのがもっとも正しい方法と考えられます。

 

A限定承認という選択肢もある

 相続放棄をする主な理由に「財産より借金の方が多い」ということがあります。

しかし、限定承認という方法を取れば、借金を背負うことはなく、予想外に財産額が多かった場合には残った財産を相続することもできます。

 ただし、相続の放棄は各相続人が単独で出来るのに対し、限定承認は相続人全員(放棄した者は除く。)でしなければなりませんので、相続人間の協力が必要です。

 実際に限定承認の制度を利用する方は少ないのですが、合理的な制度であり、一考の価値はあると思います。ここでは詳述しませんが手続きが多少煩雑なため、あまり利用されていないのかもしれません。

 

 

◇相続放棄について