茶道速水流ホームページへようこそ

茶道速水流とは、速水宗達(1739-1809)という茶人によって江戸時代中・後期に創始された流派です。

流祖速水宗達は、幼少期より伊藤仁斎の私塾古義堂で日本や中国の諸学を学びながら、千家の名匠一燈宗室の薫陶を受け、21才で「茶人」として自立が認められた茶人です。
彼はさらにその後も、日本の茶の起源から東山文化時代の茶湯の成立、そしてわび茶に至る経緯を学究的に追求し続け、自らの茶道観・点前体系を確立しました。
その結果、40代には茶道界の実力者として世に評価され、速水宗達の茶は速水流茶道として一流派をなすに至りました。

top