2015年10月26日
奥工石山(1,515.8m) 
奥工石山登山口 尾根ベンチ 山頂 ユルギ岩 竜王分岐 林道下山 奥工石山登山口
8:30 8:50 9:40 10:25〜11:00 11:20 12:00 12:30

今日は奥工石山へ。
昨年とほぼ同じ日ですが、今年はもう紅葉は終盤のようです。
でもお天気は最高!どこまでもスッキリと青空が広がっています。

山歩きを始めて2番目に登った奥工石山、余りの悪路に恐れをなして、途中に車を置いてテクテク登山口まで歩いた思い出の山です。(当時はダイハツMOVEに乗っていました)
今回もガタガタ道をトロトロ進んで行きます。
わ〜〜っ!!前から木材を満載したトラックが下りて来ました〜!道幅いっぱいです。
でも向こうは慣れたもの。スイスイとバックしてくれて無事に通過する事が出来ました。ありがとう!

林道脇に群生しているジンジソウも、もう今年は終わったようです。
やっと到着した登山口には、徳島NOの車が1台停まっていて小屋の中でお食事中。
昨夜はここに4人で泊まられたとの事です。

いつもの場所のリンドウ

鳥居をくぐって出発
登山口には、いつものリンドウがきれいに咲いていました。

ひと登りでベンチのある尾根に出ます。
一気に視界が開けます!目の前には奥白髪山。

 尾根に出る  紅い実は何かな?

紅葉は終盤ではありますが、まだきれいな色も残っているし、何と言っても青空!

 
 青空が最高!  岩と黄葉と緑が引き立て合う

昨年もその前も、光が無くて残念だった事を思うと、今日は最高です。

 
美しい山並み(中津明神方面)  奥白髪山

風も無いし、暑くも寒くも無い。
絶好の山日和です。
枯れて久しい石清水の付近には、センダイソウの咲き終わった姿も見られました。

 
 一粒のイチゴ 見上げる紅葉 

程なくユルギ岩直下までやって来ました。

 ユルギ岩

まずは山頂へ向かいます。
山頂少し手前に、”北登山口”への案内標識があります。
まだ歩いた事の無い道、興味津々なのですが・・・どんな道なのかなぁ?

時間も早いので、山頂にてしばしコーヒータイム。ひと息つきます。

 
 今日は視界クッキリの山頂  山頂からの竜王峠〜奥白髪山

そしてもう少し奥まで行ってみます。
このブナの尾根道はとってもステキ!大好きな道です。
カガマシ山の方へと歩いて行ってみたい・・・と思うだけで、なかなか実現出来ていませんが。
今日も猿田峠方面を眺めながら、元来た道を引き返しました。

 
 ブナの尾根を行く  ブナの向こうに大森山〜佐々連尾山

ほんとに気持ちのいい尾根道を引き返し、ユルギ岩へ。
眼下に登山口の小屋や車も見えています。
360度スッキリの絶景!
『あれは○○山、あそこは○○でその手前が○○・・・』ああだこうだと山座同定も楽しいです。
貸し切り(?)の岩の上で、のんびりとお弁当タイムを過ごしました。
(2日前には、ここで山友のアカリプタさんたちが、キノコ汁をされたそうでした。いいなぁ!!)

 再び山頂へ戻る
 ユルギ岩

さてさて、名残惜しいですが下山する事にします。

 
 眼下の絶景  コル付近の彩り

今回も竜王分岐から峠への尾根を下ります。
昨年はこの辺りからお天気が回復して日が当たり出し、輝く紅葉に歓声を上げた事でした。

 
 ひときわ紅いドウダン  竜王峠への尾根の彩り

今年はもうかなり葉も落ちてはいましたが、まだまだ楽しませてもらいました。
竜王峠まで歩けばいいのですが、帰りの林道歩きが長くなるので(軟弱者です〜)、今回も途中で下ります。

 
 ブナの黄葉  途中の林道への分岐(左手)

テープと、黄色のカッパを巻いた目印の木が無ければ、とても分からないだろうと思われる分岐。
今回はこの分岐に倒木が覆いかぶさっていて、ますます分かりづらかったです。
今回このルートが初めてのメンバー2名は”ほんとにここ?大丈夫?”って思ったでしょうね〜。
でも大丈夫!うっとうしい笹薮も、ほんの僅かの間です。
分岐から10分足らずで林道に下りられる、嬉しい短いルートなのです。


 
 倒木で分かりづらい  笹薮をくぐる

この後の林道歩きも、この時季は楽しいのですよ〜。
仰ぎ見る尾根の彩りを楽しみながらの歩き。

 林道からの眺め

小鳥さんもいるし、見どころいっぱい。

 
 青空に輝く  歩いた尾根を見上げる

林道歩きは苦手ですが、ここは別。30分という時間も、自分には丁度です。
楽しく歩く内に、登山口まで戻って来ました。
『お帰りなさい』って、朝出会った徳島の方が迎えてくれました。
?? 何と、タイヤがパンクしていて時間を取られたようです。気の毒・・・。
自分はタイヤ交換なんて出来ないから、気を付けて走行しなくてはね・・・。

 
 燃えるモミジの赤  ユルギ岩を見上げる

帰路は竜王峠を通り白髪山登山口をやり過ごし、本山へと。
こちらも未舗装の道が延々と続きます〜。
短時間で登れて、眺め良し、変化に富んだ登山道にブナの尾根道、春のアケボノにシャクナゲ・・・
魅力いっぱいの山なのですが、道がねぇ・・・。
舗装は無理なのでしょうかね・・・?

まだ歩いた事の無い、北登山口から登って奥工石山〜竜王峠〜奥白髪山〜冬の瀬登山口とクロスで歩くのもいいなぁ、なんて考えた事です。
林道走行中にヤマドリも見ました。
美しい鳥ですよね〜羽根に光が当たって金色に輝き、長い尾・・・”火の鳥”を連想します。

そして本山と来れば”さくら市”!
今日も山の幸をいただいて帰路に着きました。
(特にパプリカが美味しかった!赤・オレンジ・黄色と色もきれい)

奥工石山の紅葉、来年も楽しみたいものです。