源池設計室【松本市・ペチカの家】


HOME > ペチカの家

ペチカの家

         ペチカの家

□松本市 2013年
□敷地面積:608.96㎡(184.21坪)
□建築面積:104.31㎡(31.55坪)
□延床面積:120.07㎡(36.32坪)

木造在来工法・2階建・住宅
暖房ペチカ

床 : ヒノキ・赤松無垢フロア自然塗料
壁 : EP塗装仕上げ
天井 : EP塗装仕上げ
屋根 : ガルバリウム鋼板横葺き
外壁 : 杉板羽目板張り自然塗料仕上げ

工事期間 : 平成24年11月~平成25年6月
施工会社 : 株式会社滝澤工務店

格子の天井

東の空

フルオープンサッシ

森づくりを生業としているクライアントが、
自ら伊那谷大泉から切り出したヒノキとアカマツ。
切り出した木は製材所、工務店、棟梁の手によって、
それぞれの場所に生かされ、使われています。
木のぬくもりを感じながら、空間の中心にはペチカ。

ペチカはロシアの暖房兼オーブン。
元々は北欧地方の暖炉から発達したと言われているそうです。
焚き口の炉は50センチほどの立方体、コンロとして料理にも利用でき、
煙道がめぐらしてあるレンガで造った壁面の放射熱で部屋を暖めます。

地形を生かしたスキップフロア、
見晴らしのいい風景と庭の豊かな緑をとりこみ、
テラスとバルコニーによって、内と外が繋がります。

テラスに繋がる

アンティークライト

外観

スキップフロア

天井までの本棚

夜景

美ヶ原をのぞむ

パウダールーム

緑溢れるコンサバトリー

格子ライト

バルコニーと小さな窓

テラスで寛ぐ柴犬

ペチカの掃除口

船舶照明マリンライト

イームズチェア

窓辺のグリーン

本棚と窓

スキップフロアの階段

ペチカの火

格子の飾り棚

photo by ロココプロデュース 林広明