源池設計室【長野市・としだ内科】


HOME > としだ内科

としだ内科

               としだ内科  

□長野市川中島 2009年
□敷地面積:473.72㎡(143.30坪)
□建築面積:180.12㎡(54.49坪)
□延床面積:171.42㎡(51.85坪)

木造在来工法・平屋建
高断熱高気密・診療所・石油式床暖房

床 : 長尺塩ビシート張り
壁 : 珪藻土仕上げ・クロス張り
天井 : 唐松羽目板張り、クロス張り
屋根 : 一文字瓦葺き
外壁 : 壁匠TOWA左官仕上げ

工事期間 : 平成20年8月~平成21年3月
施工会社 : 守谷建工株式会社

障子の待合室

和のテイスト

受付

12.JPG

善光寺へと続く北国街道沿い、昔ながらの風情ある建物や石碑が幾つか残るこの地域に、代々親しまれ、引き継がれてきた診療所がありました。世代交代による建替えにより、今回の建築となりました。街道沿いの町並みにとけこむ様和風の佇まいとし、連格子や葦簾をアクセントとする事で周囲との一体感を出しています。敷地の一角に新しい建物を建設し、旧診療所は解体後、駐車場として利用しています。今まで旧診療所の影に隠れて見えなかった和風庭も、塀越しに道路から見えるようにし、診察室やリカバリールームかも、障子越しに藤棚が見え、患者さんの心を癒してくれるでしょう。また、重厚な和風の外観の反面、妻側には、診療所のマークでもあペンギンの鏝絵を配した遊び心も取り入れました。14.JPG

吹抜待合室の吹抜。古民家で使われていたケヤキの丸太梁。
待合室

エントランス