やまめ(山女魚)
salmo (oncorhynchus) masou masou
ホーム取扱品目 ≫ やまめ
やまめ

 

 やまめは瀬と淵が連続するような川の上流域に生息する。同系のいわなよりも、下流域に分布していることが多い。主に、水生昆虫や、水面に落下した昆虫等を食べる動物食性。バッタや、コガネムシ、場合によってはセミさえも食べることがある。
 産卵期は10〜11月で1年に15センチ程度成長するが、川では30センチを超えることはまず無い。
 警戒心が非常に強く、機敏なので釣りファンには楽しい魚といえる。旬は初夏でり塩焼きが最高。
 また、この川生息の山女魚が海に下りると、さくらます(桜鱒)と呼ばれるようになる。北海道は桜鱒になる個体が圧倒的に多い。

 


前ページに戻る
レシピページに移動