貫汪館 久留米支部
本文へジャンプ
無双神伝英信流抜刀兵法とは


無双神伝英信流抜刀兵法とは



1.歴史


 無雙神傳英信流抜刀兵法は戦国時代末期の人 林崎甚助重信を流祖とします。林崎甚助は居合の始祖であり、林崎甚助より多くの流派が生まれますが、この流れの居合の一つである無双神伝英信流を土佐國にもたらしたのは林六太夫守政です。林六太夫は剣術の師であった大森六郎左衛門が創始した大森流の居合を取り入れ、あわせて土佐に伝えました。
 林六太夫以後、居合は土佐國に根付き多くの師範と流れを生み出しますが、江戸時代後期土佐で居合指南役となった山川久蔵幸雅の門人 下村茂市 は藩校の居合導役として多くの門人を育てました。その門人の一人であった細川義昌は大正年間、香川の植田平太郎に無双神伝英信流を伝え残します。以後、絶えることなく今日まで稽古が続けられています。
 無双神伝英信流抜刀兵法は「むそうしんでんえいしんりゅういあいへいほう」と読み、正式には旧字体である「無雙神傳」を用いています。



--------------------------------------------------------------------------------

 2.伝系


流祖 林崎甚助重信
田宮平兵衛業正
長野無楽入道槿露斎
百々軍兵衛光重
蟻川正左衛門宗讀
萬野団右衛門信貞
長谷川主税之助英信
荒井兵作信定(荒井清哲)
林六太夫守政
林安太夫政
大黒元右衛門清勝
松吉八左衛門久盛
山川久蔵幸雅
下村茂市 定     坪内清助長順
細川義昌(島村善馬) 島村馬允(丞)義郷
植田平太郎竹生
尾形郷一貫心
梅本三男貫正
森本邦生貫汪



--------------------------------------------------------------------------------


  3.形


  無双神伝英信流には正座した状態から居合の形を稽古する大森流と立膝の状態から稽古する英信流とがあります。英信流はさらに表と奥にわかれ、表では自由自在な動きを養い、奥では応用変化を学びます。
 また剣術の形である太刀打、剣術と居合の中間的な存在である詰合、柔術技法である大小詰、大小立詰があります。
 

--------------------------------------------------------------------------------


  4.形名


  大森流
    初発刀  左刀  右刀  当刀  陰陽進退  
         流刀  順刀  逆刀  勢中刀  虎乱刀  抜打 

  英信流表
    横雲  虎一足  稲妻  浮雲  山下風  岩波  鱗返  浪返  瀧落  抜打

  英信流奥
    向払  柄留  向詰  前後詰  両詰  三角  四角  棚下  虎走  人中  
         行連  連立  行違   夜太刀  追掛斬  五方斬  抜打  馳抜  抜打

  太刀打
    出合  附入  請流  請入  月影  水月刀  独妙剣  絶妙剣  神妙剣  打込

  詰合
    発早  拳取  岩波  八重垣  鱗返  位弛  燕返  眼関落  水月 霞剣

  大小詰
    抱詰  骨防返  柄留  小手留  胸留  右伏  左伏  山影詰

  大小立詰
    袖擦返  骨防返  鍔打返  〆捕  蜻蛉返  乱曲  電光石火



--------------------------------------------------------------------------------

イメージ



/ 貫汪館 久留米支部のトップへ /


Copyright (c) 2013 Kan ou-Kan Kurume Branch. All rights reserved.