ドキュメンタリーの力

鎌仲ひとみ・金 聖雄・海南友子 著
企画・編集:北川直実
定価882円(本体840円)
新書判・224ページ
2005年3月30日発行
子どもの未来社
ISBN978-4-901330-52-7 C0236

思考停止に陥る消費する映像から、思考を促すもう一つのメディアへ

細切れの情報を垂れ流し、ステレオタイプな人間像を映すばかりのテレビで、視聴者は思考停止状態に追い込まれています。消費する映像ではなく、思考を促す映像、つまり、もう一つのメディアが今、求められています。マスメディアでは伝えられない出来事のもう一つの側面を知り、人間の存在をリアルに感じとることができるのが、市民メディアとしてのドキュメンタリー映画です。受け手とつくり手のインタラクティブなあり方を模索しつつ、日本各地、世界各地へと上映会を広げるドキュメンタリー映画の、今もっとも旬な監督が自らの作品づくりを通して、〈ドキュメンタリーの力〉を語ります。

【ご注文】
●Amazonからのご注文はこちらから

●版元ドットコムはこちらから
(各種オンライン書店からのご注文もこちらから可能です)
●その他のご注文はこちら
(直接のご注文、書店様のご注文はこちらから)

電Bロゴ この商品は、電子書籍も発行しております。

ご購入いただける主なネット書店は以下のとおりです。(この本の販売ページへ直接遷移します)
amazon KindleストアApple iBooks Store楽天kobo紀伊國屋BookWebBookLiveセブンネットショッピングhonto

(※上記以外にも多くのネット書店で販売していただいております)

【関連リンク】

●鎌仲ひとみ監督のウェブサイト
http://kamanaka.com/
●金聖雄監督のTwitterページ
https://twitter.com/Kim_Sungwoong
●海南友子監督のオフィシャルサイト
http://kanatomoko.jp/

【関連書籍】

「鎌仲監督VS.福島大学1年生  ~3.11を学ぶ若者たちへ」
(鎌仲ひとみ・中里見博:編著)
「あなたを守りたい  ~3・11と母子避難」
(海南友子/著)

【お知らせ】

金聖雄 監督のドキュメンタリー映画「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」のロングラン上映が2014年5月31日からポレポレ東中野(東京)でスタートします。

SAYAMA  みえない手錠をはずすまで
【上映期間】 2014年5月31日(土)から6月中旬(未定)
【上映開始】 12:10~
ポレポレ東中野
TEL:03-3371-0088
http://www.mmjp.or.jp/pole2/

<イベント情報>
5/31(土) 初日舞台挨拶
 登壇 : 石川一雄、石川早智子(出演)、金聖雄(本作監督)
6/1(日) トークショー
 登壇 : 金聖雄(本作監督)
(※上映に関する情報は2014年5月28日時点のものです)

<映画「SAYAMA」のホームページ>
http://sayama-movie.com/

▲ページのトップに戻る


金聖雄 監督のドキュメンタリー映画最新作「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」の完成上映会が2013年10月31日から開始されました。

1963年は私(金聖雄)が生まれた年です 。
その同じ年に石川一雄さんは24歳という若さで獄中という闇のなかに放り込まれました 。
私の歳と同じ50年間、ずっと無実の罪を背負い続けているのです。

しかし石川さんはこう言います 。「我が人生に悔いはなし!」。

半世紀近く強いられた人生を送りながらどうして「悔いが無い」なんていえるのだろうか?
はじめは不思議でした 。
しかし撮影を重ねるうちにその言葉の意味が少しずつわかるようになってきました 。

獄中で文字を獲得したこと、妻早智子さんをはじめたくさんの人との出会い、
狭山事件を通して生まれた固い絆、そして同じ冤罪を闘う仲間との友情… 。
石川さんは過酷な環境の中にありながらも 、自分の人生を生きぬいてきたのです 。

そのあきらめない姿は、時として美しく 、人々に感動を与えます。……

(「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」ホームページより)

【映画「SAYAMA」のホームページ】
http://sayama-movie.com/

【映会スケジュール】
http://sayama-movie.com/schedule/

▲ページのトップに戻る

ホームに戻る 既刊本案内 電子書籍案内 ご注文方法 新着情報 会社案内 自費出版の案内 “人間と性”教育研究所