Longing for My Home Island
(英訳版)ふるさとにかえりたい

島田興生(シマダ コウセイ)/写真 Shimada Kousei:Photographs
羽生田有紀(ハニュウダ ユキ)/文 Hanyuda Yuki:Text
児玉克哉(コダマ カツヤ)/翻訳 Kodama Katsuya:Translation
ビキニふくしまプロジェクト:監修 Bikini-Fukushima Project:Cooperation
本体価格 1500円(税抜き)
B5判/上製
発行日:2014年2月10日
子どもの未来社
ISBN 978-4-86412-113-7 C8737

水爆実験の愚かさと“ヒバク”の危険性を訴える写真絵本!

核実験の被害と、美しいさんご礁の島、人々の暮らし、子どもたちの笑顔など、豊富な写真で子どもにもわかりやすく事実を伝えるドキュメタリー絵本。 1954年3月1日マーシャル諸島のビキニ環礁でアメリカによる史上最大の核実験(水爆ブラボー)が行われた。となりのロンゲラップ環礁に住む人々は、実験を知らされず避難もなく死の灰をかぶる。三年後、アメリカ政府により安全宣言が出され、島に帰るが、島は放射能に汚染されたままだった。28年後(1985年)、自力でふるさとの島を脱出。実験から60年経った今もふるさとには帰れない。日本は唯一の被ばく国ではないこと、核実験も原発事故も同じ苦しみを住民にあたえることを知ってほしい。 <英語版> This is a documentary picture book to tell the children the truth of not only damages by nuclear tests, but also the beautiful islands of coral reef, people’s lives there and smiles of children on islands with plenty of pictures. On March 1st, 1954, a nuclear test biggest ever in the history (Bravo hydrogen bomb) was carried out in the Bikini atoll of the Marshall Islands by the United States. People who lived in the Rongelap Atoll nearby were radiated by radioactive fallout directly, without any information of the experiment. Three years later, safe declaration was issued by the United States Government. They returned to the island, but the island remained contaminated with radiation. 28 years later (1985), they escaped from the home island by their own efforts. Now 60 years after the experiment they are prevented from coming back to their home island. The readers shall know that Japan is not the only country with suffers of nuclear radiation, but that there are sufferers of radiation by nuclear tests and nuclear power accidents.

まえがきより:40年にわたりマーシャルを取材し続ける島田興生の写真とともに、核実験に翻弄されながら、たくましく生きている人々の闘いを伝える、ドキュメンタリー絵本。「わたしが13歳のとき、となりの島で水爆ブラボーが爆発したの」リミヨおばあちゃんが、60年前の核実験から始まった、ふるさとの島の悲劇を語ります。あれから60年、「ふるさとにかえりたいとずっと思っているのに、いまはまだかえれない。どうしてかって?」 <英語版> A documentary picture book with photos by a photo-journalist, Mr. Shimada Kousei who has covered the Marshal Islands for 40 years. This book tells the children the significance of struggle of the people who strongly live in the Marshal Islands in spite of damage by nuclear tests. “When I was 13 years old, the Bravo hydrogen bomb exploded on the next island.” Lemyo grandma tells the tragic story of the home island started since nuclear test 62 years ago. “For a long time, I’ve hoped to return home, but I have never returned home back yet. Why? You may ask.”


●日本図書館協会選定図書
●厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財


【ご注文】
Amazonからのご注文はこちらから

omni7セブン&アイはこちらから
紀伊國屋書店 WEB STOREはこちらから
(各種オンライン書店からのご注文もこちらから可能です)
その他のご注文はこちら
(直接のご注文、書店様のご注文はこちらから)

【著者プロフィール】

島田興生(シマダ コウセイ)Shimada Kousei:Photographs

フォトジャーナリスト。北海道出身。1974年から現在までビキニ水爆実験の後遺症の取材を続ける。1985年から91年まではマー シャル諸島マジュロ島で妻谷子と暮らす。著書に『写真集 ビキニ・マーシャル人被爆者の証言』(JPU出版)、『写真絵本 水爆の島 マーシャルの子どもたち』(福音館書店)などがある。 Photojournalist. He was born in Nov. 1939 in Sakhalin and grew up in Hokkaido. He has been taking photos of the Marshall Islands since 1974. He had lived in Majuro RMI since 1985 to 1991 with his wife Taniko Shimizu. He has published 3 photobooks about the Marshall islands: Bikini-The Testimony of H-Bomb Victims in the Marshall Islands (JPU Publishing, 1977), Children of the Marshall Islands - the Aftermath of the U.S.Nuclear Test (Fukuinkan-Shoten, 1996) He now lives in Hayama-machi, Kanagawa-ken, JAPAN.

羽生田有紀(ハニュウダ ユキ)Hanyuda Yuki:Text

1964年広島市生まれ。広島大学文学部卒業。出版社勤務を経て、江戸時代から続く八王子の紺屋に通い、伝統技法に倣って藍の型染めを制作。型染めの文様 のテーマは「理工系」、古代文字など。ビキニふくしまプロジェクトに2012年発足より参加。日本各地での島田興生スライドトークにスタッフとして関わっている。 協力: ビキニふくしまプロジェクト She was born in Hiroshima and graduated Hiroshima University. Her mother was exposed to radiation in 1945 at her hometown Hiroshima. Since 2012, she has been working with Shimada Kousei and other members for Bikini-Fukushima Project. She is an artist of AIZOME(traditional Japanese indigo dying). This book is her first writing.
作品掲載HP http://www.kawauso.co.jp/

児玉克哉(コダマ カツヤ)Kodama Katsuya:Translation

Former Secretary General of Peace Research Association, Visiting Professor of Sakarya University, Guest Researcher of Aichi University. Born in Hiroshima in 1959 as the son of the survivor of Hiroshima. Awarded in 2012 an International Peace Non-Violence Prize in India.

ビキニふくしまプロジェクト Bikini-Fukushima Project:Cooperation

URL http://bikinifukushima.jimdo.com/ It started in Feb. 2012 after Great East Japan Earthquake and Fukushima Daiichi nuclear disaster in March 2011. It is a study group about nuclear victims of nuclear tests, nuclear plants accidents and atomic bombs. The project holds seminars at many cities in Japan. At the seminar Shimada Kousei talks about the history and current states of nuclear victims in Marshall islands while showing his photos, and Hanyuda Yuki reads this book using slides in front of an audience.

【お知らせ】

厚生労働省社会保障審議会の推薦児童福祉文化財(26年度)に指定されました。

▲ページのトップに戻る

「子どもと読書」2014年7・8月号の「新刊紹介」コーナーで紹介されました。

▲ページのトップに戻る

「インパクション」2014年4月10日刊の「文化情報」コーナーに、木村まきさんによる書評が掲載されました。

▲ページのトップに戻る

日本図書館協会の第2901回選定図書(2014年4月2日選定)に選ばれました。

▲ページのトップに戻る

「図書新聞」2014年3月29日版の「book」コーナーに、詩人の石川逸子さんによる書評が掲載されました。

▲ページのトップに戻る

「朝日小学生新聞」2014年3月1日版の1面トップ記事で取り上げられました。

▲ページのトップに戻る

「バオバブのブログ」のおすすめ児童書コーナー(2014年2日24日付)で紹介いただきました。

http://baobab.way-nifty.com/blog/2014/02/post-3759.html

▲ページのトップに戻る

ホームに戻る 既刊本案内 電子書籍案内 ご注文方法 新着情報 会社案内 自費出版の案内 “人間と性”教育研究所