千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

    

CAC25周年記念山行 御在所岳集中登山

【日時】2010年10月16日(土)〜17日(日)

【参加者】 (1) 土曜先発組 井戸、武藤、岩佐、西田、川津

【参加者】 (2) 土曜後発組 勝野、浅野(清)、松尾、波多野

【参加者】 (3) 日曜日帰組 樺沢、辻、服部

【行動記録】

10/16  10:00 先発組、御在所裏道駐車場発

10/16  11:00 北谷小屋着

10/16  12:30 ウサギの耳にてクライミング

10/16  16:30 後発組(浅野、松尾)北谷小屋到着

10/16  17:30 宴会開始、夜半に勝野、波多野到着

10/17  06:00 中尾根登攀組出発

           (1/岩佐、西田、服部、2/川津、樺沢、辻)

10/16  08:40 中尾根取付

10/16  11:15 ツルムのコル着、奥又経由頂上へ転進

10/16  12:10 裏道組(浅野、武藤)、上水晶谷組(松尾、井戸)と合流

10/16  14:00 北谷小屋着、片付け

10/16  15:00 裏道駐車場帰着、解散

【良かった点】

● 登攀組は取付までのルートファインディング、システムを確認しながらの登攀等、

考えながらの行動ができた。

● パーティー編成はメンバーの体調等により計画から大幅な変更となったが、大きな

トラブルもなく山頂集合という目的を果たすことができた

【改善点】

北谷小屋利用は設備の面で大きなメリットを有しており、またベースとすることで親睦を

深める役割も果たした。

ただ、登攀という視点でみた場合、場所の面で御在所北面、西面からのルートを設定

しづらいという問題があったように思われる。

今後、登攀に重きを置く計画として集中登山を行う場合は、ベースを複数設置する、

交差登山とする等ルートにバリエーションをつけるのも面白いかも知れない。

また、中尾根ルートはアプローチや崩落状況についての情報を事前に入手できる状況に

あった。確認不足で時間が浪費したり、転進を余儀なくされた部分もあるため、より多くの

情報を事前に入手する必要性を痛感した。

2010/10/20 文責 川津

記念山行のブログ報告はこちら