千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

黒部横断

   

【山行期間】        2010年4月29日〜5月3日

【行 程】      大谷原〜鎌尾根〜鹿島槍ヶ岳〜牛首尾根〜S字峡〜ガンドウ尾根〜小窓雪渓〜
            剱岳〜早月尾根〜馬場島

【メンバー】          波多野(CL、報告)、西田、他2名

【山行報告】 

4/29 大谷原4:50-西俣出合6:00-稜線12:00-牛首尾根2300m地点(T.S)14:30
    行動時間 9時間40分

4/30 T.S4:40-建物跡地8:00-S字峡(T.S)19:00
    行動時間 14時間20分

5/1  T.S6:00-仙人池ヒュッテ(T.S)15:00
    行動時間 9時間00分

5/2  T.S5:30-小窓9:30-劒岳15:20-早月小屋(T.S)18:00
    行動時間 12時間30分

5/3  T.S6:00-馬場島8:15
    行動時間 2時間15分


「黒部横断」この言葉の響きに憧れ続けていた。今回ようやく名古屋ASC山岳会との合同山行で実現となった。

初日は歩き始めて3時間ぐらいで雨が降りだしてきた。そのため当初はダイレクト尾根から鹿島槍ヶ岳への登りを予定していたが、グレードを下げて鎌尾根を登ることに急きょ変更する。

鎌尾根上では雪となりホワイトアウトの状態なので気が抜けない。頂上に到着した頃には、天気は急激に回復し、我々4人は明日の黒部横断を想像しながら意気揚々に、牛首尾根を標高2300m付近の樹林帯まで下降して行った。

二日目、テント場を出発して3時間ほどで、特に迷うことなく建物跡地にたどり着いた。

時間はまだ8時である。黒部川のつり橋まで水平距離にして200m程であったため、余裕のヨッチャンで黒部川まで到達出来るだろうと考えていたが、そうは甘くはなかった。

枝尾根に迷い込んで右往左往している間に、我が会の西田さんが滑落した。緩やかなルンゼを10m滑り落ち、大滝の落ち口1m手前で止まった。「あそこで止まらなかったら・・・」と思うと恐ろしい。とても大変なことに成っていたであろう。

登り返して建物後に戻り、そこから懸垂下降を繰り返す。我々が目指していた地点は、東谷の出合から150mほど上流の地点である。なぜなら地形図で見ると黒部川と東谷一帯は、ゴルジュ記号で覆われているが、この地点だけわずかにゴルジュ記号が無かったからだ。

少々時間は掛かったもののピンポイントで目標地点を確認できたが、東谷の川床を見下ろして驚愕した。雪渓で覆われていると思っていた谷は、轟々と元気よく雪解け水が流れていたのである。「ヤバイ事になった。敗退か?」この言葉が頭をよぎる。突っ込みたがるが、諦めが早い私である。メンバーの顔を見るとやる気十分そうだ。弱点は100m先下流にスノーブリッジが繋がっている、これを使って対岸に渡ることができる。

ここまではGPSを使って来たが、ここから先は沢登りで培ってきた沢屋の勘が活かされるところだ。ゴルジュ上で、大事なことは下降ポイントを絶やさないことと、退路を絶たないことである。

東谷のゴルジュ上を確保しながらのトラバース、懸垂下降、時には懸垂ポイントの選択肢を増やすために登る事もした。最後は50mいっぱいの空中懸垂でスノーブリッジに降り立つ。

建物跡地から水平距離で200mの間を11時間行動したことになる。ザイルは15ピッチほど出した。

疲労からなのか自分でも一つ一つの行動が鈍っているのが分かった。

熱帯ジャングルの様な藪との格闘と、眼下のゴルジュに緊張し続けることから、ようやく開放されたのである。すぐに東谷の冷水を溺れる様に飲んだことは言うまでもない。東谷出合いに丁度いいテン場があったので、今日はここで泊まることとした。

今日の行動では、不安と焦りが混同し「ダメかもしれない」と弱気になることもあったが、その度に「絶対に降りてみせる!」という強い意志が芽生えてきた。

味噌のない頭をフル回転しながら、先頭でザイルを伸ばし、真っ先に下降していく事はとてもプレッシャーが掛かったが、その分だけ喜びは大きいものだ。またメンバーのアドバイスに、何回も助けられることがあった。牛首尾根末端処理は総力戦であった。

三日目、朝、ガンドウ尾根の下部を見上げて見ると、なかなかの急斜面である。

登り易そうな鉄塔脇の雪が付いたルンゼから登る。雪が切れると藪との戦いだ。しばらくは雪と藪のミックスを繰り返しながら標高を上げていく。傾斜が落ちると尾根は痩せて、ちょっとしたギャップやリッジなども出てくるが、問題なくクリヤーできる。

ガンドウ尾根ではザイルを一回も使用しなかった。事前調査では結構悪いと聞いていたが、たいしたことは無かった。仙人池ヒュッテで人と出会い、なぜか安心する。

四日目、牛首尾根で時間を掛けすぎたため、予定していた八つ峰は取りやめる。小窓雪渓から池ノ谷乗越のルートを取る。もう悪場は無いと思っていたが、小窓から小窓ノ王の間が思ったより悪く感じられた。池ノ谷乗越からはしっかりトレースのついた道を追いかける。疲れが溜まってきたためか、スピードが上がらない、最初は馬場島まで行けるかとも考えていたが早月小屋が精一杯である。

五日目、何時からなのか?なぜなのか?知らないが最後の下山となると走り出すのが名古屋ASC山岳会の伝統のようだ。予想はしていたが今回も例外ではなかった。バテと足の痛みがあるが「やってやろうじゃないの!絶対に追いついてやる」と最後尾から追いかけるが、なかなか追いつかない結局ドベで「憧れと試練」の碑に到着したのでした。

思えば名古屋ASCのメンバー2人の食料は、4日間とも生の食料を持ってきていた。しかも結構の量があるので、乾燥物でヒモジク食べている千種のメンバーに分けてくれたりもした。この食糧事情の差で力量の差を感じる山行でもあった。

「憧れと試練」碑を見ながら、最良のメンバーと憧れの黒部横断をやり終えた想いと、憧れだけで挑み続けるといつか試練に遭うと、自分に言い聞かせずにはいられませんでした。