千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

八ヶ岳裏同心アイスクライミング

期間   : 09年12月13日(前日発)

メンバー :浅野(清)、浅野(直)、山田(記録)

行き先  :八ヶ岳裏同心

12日(土)

17:40 刈谷総合運動公園

21:00 八ヶ岳美術館

13日(日)

6:30 八ヶ岳美術館

7:05 美濃戸

9:00 赤岳鉱泉

10:00 F1取り付き

12:00 大同心稜下降点

13:15 赤岳鉱泉

15:40 美濃戸

19:00 刈谷総合運動公園

 氷の状態が良くないとの事前情報もあったが、とりあえず行ってみた。

年末に持参予定の2〜3人用テントで軽い宴会後、就寝。荷物を外に出せば何とかなるレベル。

やはりほとんどが雪で埋まっていたが、久しぶりの山行で山自体を楽しむことができた。

 美濃戸まで車で上がる事ができたのは暖冬のなせる技だろうか?複雑な気持ちである。

毎年初めての雪を踏みしめるときは神聖な気持ちで気が引き締まるのだが、今年はその感覚がなかった。

やはり暖かいせいなのだろう。

 アイスキャンディーも昨シーズンに比べると半分くらいの規模で水がボタボタ落ちていた。

赤岳鉱泉でギヤ類を装着して取り付きまで行ってみると、氷はほとんど雪で埋もれていた。

F1  高さ3mくらいの氷を各自登る

F2  下部は雪、上部3mくらい氷

F3  2mくらいの氷

F4  雪で埋まって氷が見えない

F5  2mくらいの氷を各自登る

ロープはF2、F3で使用。年末に向けてロープ1本でいけるかどうかの確認作業。

リード清三さん、セカンドユマールを直子さんと自分で交互に実施。

スクリューはF2で1回使用したのみ。

F5から右上して大同心稜下降点で休憩。

のんびりと雪の付いた急斜面を下り、赤岳鉱泉で装備を外す。

帰りは渋滞もなくスイスイと帰ることができた。