千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

北岳バットレス&北岳〜間ノ岳〜農鳥岳縦走 山行報告

   

【山行期間】        2009年10月11〜12日

【メンバー】          市川、岩佐(報告)

【行動記録】        

10月11日: 奈良田(04:30, 05:30)(ドコモ:〇、ソフトバンク:×) == 広河原(06:20, 06:30) -- バットレス取り付き(09:30, 10:00) 〜 ピラミッドフェース(4ピッチ)〜下部フランケ(5ピッチ)〜Dガリー奥壁(3ピッチ)〜第4尾根(3ピッチ)〜頂上直下(17:40)△

10月12日: △(06:35) -- 北岳頂上(06:50, 06:55) -- 間ノ岳(08:40, 08:50) -- 農鳥岳(10:40, 11:05) -- 大門沢小屋(12:50, 13:10) (農鳥〜大門沢小屋までの間からドコモ:〇)-- 奈良田(15:25) 
   

10月の連休はジャンダルム飛騨尾根・滝谷を予定していましたが、穂高はここ数日雪だったようで真っ白。登攀は無理なため急遽北岳バットレスに変更し、初日にクライミング、翌日は農鳥岳まで縦走してきました。   

【報  告】

10月11日(日): 

今日は快晴。気持ちよいくらい晴れ渡ってクライミング日和。広河原山荘から見るバットレスの威容は迫力がある。前日は雪が降ったため所々うっすらと雪化粧しており、「登れるんだろうか?」と不安になりながらも、日当たりが良いので取り付きに着く頃には雪も解けているのでは?と期待して歩き始める。今回登るルートはピラミッドフェースと第4尾根。取り付きに着くと、お目当てのピラミッドフェースには既に数パーティーが張り付いている。装備を着けて準備しながら前のパーティーが少し離れるのを待つが、その間いくつもの落石があって怖い。10時登攀開始。(リードは全て市川さん。ピッチ数が多すぎ、若干うろ覚えで記述に間違いがあるかも知れませんが、ご了承下さい。)

  

北岳バットレス・ピラミッドフェース
北岳バットレス、ピラミッドフェース

1P目(IV-): 浅い凹角から草尽きの斜面を登るが、1泊2日分の装備を詰めたザックを背負って登るのは初めてなので登りにくく、1箇所うっかり右足を滑らせ落っこちそうになって焦った。

2P目(II): しっかりと踏み跡が付いたバンドを左にトラバース。市川さんがトラバースしている時に、すごい音を立てて石が落ちていくのが聞こえた。ビレイ地点からは市川さんの姿が見えないが、かなり大きそうな石だったようなので大丈夫だろうか?と心配になったが、暫し沈黙があった後、落石を起こしたパーティーに向かって「ばかやろー」と怒鳴っている市川さんの声が聞こえてきた。無事だったんだ、と安心する。

3P目(IV): フェースを登っていくが、結構悪い。右上に向かって登っていくが、岩にロープがひっかかって流れが悪い。

4P目:落石が多いし渋滞も酷く、もたもたしていると上まで抜けられなくなりそうだったので、左にトラバースして下部フランケを登ることになった。上から頻繁に石が落ちてくるので、当たらないかとヒヤヒヤしながら急いでトラバース。

5P目(V-): ザック背負ってのハング越えは厳しい。A0で何とか越えられホッとひと安心。

6P目(IV+): クラックが濡れていてちょっと怖いが、ハンドが決まって面白い。リードで登る市川さんが「快適〜」と言いながら楽しそうに登っていった。

7P目(IV+): ここのクラックも湿っていて緊張するが、楽しいピッチ。この辺りから気温が下がってきて寒くなってきた。ガタガタ震えながらのビレイで、フリースを着込む。まだまだ先は長い。

8P目: 継続して上部フランケを登るためトラバース。

9P目: 先行パーティーがなかなか先に進んでくれないので、Dガリー奥壁にルート変更。どうか落石がありませんようにと祈りながら左にトラバース。

10P目: 草付きのルンゼを直上。

11P目(V+): Dガリー奥壁の1P目。このルートの核心部は、私の苦手なハングから始まった。迷わずA0で越え、次のハングではカムにかかったヌンチャクと右側の今にも抜けそうなリングボルトにかかった残置スリングを掴んで突破。上部はスラブ。

12P目(IV): スラブからクラック沿いに登り、最終ピッチのチムニーはパスすることにして4尾根側に右上。「時間が無いから早く登ってきて」と上から声がかかるし、辺りは薄暗くなるしで、焦って登る。

13P目(V-?): スラブ状のフェースを右寄りに登り、枯れ木テラスまで。

14P目(III+): このピッチを含めまだあと2ピッチあるので、市川さんが大急ぎで登りロープがぐんぐん伸びる。途中大きな岩の切れ目があり、Cガリー側を見下ろすとかなりの高度感だ。おまけに岩には雪と氷があって、少し緊張する。

15P目(II): 這松のある緩い傾斜をビバーク地点まで20mほど。もう辺りは暗くて、あと10分到着が遅かったらヘッデンが必要だった。何とか真っ暗になる前に登り終えることが出来てホッとひと安心。無事に登れてよかった。

ビバーク地点には、「ここにテントを張りなさい」と言わんばかりのスペースがある。他にもあと1張、その一段上がった所にもひと張りテントを張れそうなスペースがあった。とにかく寒くて仕方がないので大急ぎでテントを張り、ザックを投げ入れ自分たちも中に入る。荷物を適当に片付けながらコーヒーを入れて温まる。その後は市川さんが持ち上げて下さった12年もののシングルモルト、ボウモアで乾杯。ボウモアとはゲール語で岩礁という意味らしい。岩礁ではないが、大岩壁を登った後に飲むのに相応しいスコッチだなぁと思いながら、美味しいお酒をゆっくりと味わう。夕食を終えたら8時近かったので、4時半に目覚ましをセットして就寝。

10月12日(月): 

夜中に寒くて何度も目が覚めた。寝られないのでもう起きようかと思ったが、まだ2時半でちょっと早すぎる。ここで起きておけば良かったのかも知れない。何故なら私が昨晩携帯の目覚ましをセットした時、うっかり電源を切ってしまっていたから。「外が明るい!」という市川さんの声で慌てて起きて時計を見たら5時半。今日は行程が長いし、昨晩私のヘッデンが壊れてしまったので(パッキングの前にチェックした時にはちゃんとライトは点いてたのに…)暗くなる前に下山するためにも早めに出発しようと言っていたのに、寝坊するとは…。外を見ると丁度朝日が昇るところ。雲海がピンクに染まって美しい。北岳の山頂でこの景色を見るのを楽しみにしていただけに残念だ。

北岳山頂直下ビバーク地から見た朝日と富士山
ビバーク地から富士山と朝日を望む。

慌てて朝食を済ませ、6時半過ぎに北岳山頂目指して出発。朝一は体が重く、登りはきつい。15分ほどで山頂に立つが、もたもたしている暇はないので、記念撮影だけしてサッサと歩き出す。暗くなる前に何としても下山し終えないとまずいので、登りはアミノ酸を飲んでパワーアップ、下りは走りながらとにかく飛ばしていく。ブログ用に時々写真撮影もしなくてはいけないし、結構慌しい。それでも景色は十分楽しめた。

遅くとも12時頃には農鳥岳に到着していないとまずい、と急ぎ足で行くが、幸い思っていたより早く10:40に着いた。しかしここからは長い下りが待っているので安心は出来ない。岩稜帯を下り、その後暫くは歩き易い快適な縦走路。その先大門沢小屋までは急な下りで結構大変だ。小屋から奈良田まではコースタイムが3時間半とある。まだまだ先は長いので、休憩後も大急ぎで歩く。暫く行くと歩き易い静かなブナの林になった。時間セーブのため、プチトレラン気分で小走りで行くが、これが意外にも何とも気持ち良かった。走るのは好きではない方なので普段トレーニングする時も渋々走っているのだが、森の緑を楽しみながら軟らかい地面の上を走っていくのは爽快だった。

北岳からずっと飛ばして下りて来たので奈良田駐車場には15時半に到着し、温泉に入る時間も十分あった。日本第二の高峰北岳のクライミング、そして農鳥岳への縦走と、充実した2日間だった。

市川さん、リードと運転、お疲れ様でした。楽しい山行でした。

以上