千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

黄蓮谷沢登り(アイスクライミング下見) 山行報告

【山行期間】         2009年9月5日〜6日

【メンバー】           山田、岩佐(報告)

【行動記録】        

9月5日: 尾白川渓谷P(05:25)--黒戸尾根5合目(09:30, 09:50)--千丈ノ滝上部(11:15, 11:45)--坊主ノ滝--右俣と左俣分岐点上部(13:30, 13:50)--奥千丈ノ滝--黄蓮谷右俣と烏帽子沢との出合い(19:30)(ビバーク)

9月6日: ビバーク地点(ツエルト撤収)(06:00)--奥ノ滝右岸--登山道2,930m付近(10:40, 10:50)--甲斐駒ヶ岳山頂(11:05, 11:25)--登山道2930m付近(11:40, 12:00)--七丈小屋(13:00, 13:20)--尾白渓谷P(17:15)

【報  告】

9月5日: 晴れ時々曇り

2週間前に訪れた黄蓮谷は、冬のアイスクライミングの下見どころか千丈の滝にも辿り着くことができずに終わってしまったため、再度下見で黄蓮谷右俣に行くことになった。今回は冬と同じく五合目まで黒戸尾根を歩き、そこから沢に下って頂上まで沢を遡行する計画である。

甲斐駒黒戸尾根から見た鳳凰三山と富士山
快晴。鳳凰三山と、後方には富士山がうっすらと。

林道や登山道は前日の雨で地面が濡れてはいるものの、沢の水量には影響はないようだ。黒戸尾根を歩いて5合目まで上がり、小屋跡(?)着。ここから千丈ノ滝付近に下るための目印となるテープが無いかを確認したが、結局見つけることが出来なかったので、適当な所で沢沿いに斜面を下っていった。下りてみると、千丈ノ滝よりかなり上にきてしまったようだが、よしとする。

ここから入渓して暫く行くと坊主ノ滝が目の前に現れた。立派な滝だ。しかし滝を登るのは怖いので、早速右側から巻いて右俣と左俣の合流点から少し上がった所に懸垂下降。再び沢に入る。途中水しぶきを浴びて全身ベタベタになりながら奥千丈ノ滝を遡行していくが、逆層になった部分に来ると登るのが躊躇われた。ハーケンも打ってあるが、無理して登って滑って落ちると怖いので、「今日は冬の下見!」と割り切り、左側から巻くこととする。

巻いていく途中で沢を見下ろすと、奥千丈ノ滝上部の大きなナメ滝が見える。実際に沢を登ることが出来ないので、残置ハーケンのようなものがあるのかどうかなどは当然確認できず、ベルグラが張ってたら支点はどこで取ろう?冬にここで落ちたら、そのまま何かにぶつかるまで滑り台状態で遥か下まで転がっていきそうだ。そんなことを考えながら沢を眺める。

その後下りられそうな所を探して更に高巻きを続けるが、なかなか適当な場所が見つからない。崖を避けながら巻いているうちに、高度2,400mくらいのところまで登ってしまった。時計を見ると17時。おまけに小雨が降ってきた。ビバークしようにも水が無いし、急斜面には這い松とシャクナゲ、樺がびっしりと生えていて、ツエルトを張れそうな所などない。相談の上、暫くトラバースして、適当な所から懸垂下降で沢に下りてみることにする。

黄蓮谷坊主ノ滝 黄蓮谷奥千丈ノ滝
坊主ノ滝。立派な滝である、しかし怖いので迷わず高巻く。 奥千丈ノ滝。ここはトイ状で楽しく登れた。

17時半ごろから4回の懸垂下降で烏帽子沢と右俣の合流点に下りたが、これが結構時間がかかって、4回目の懸垂下降を終えた時点で19時半。4回目の懸垂下降を始める時には既に辺りは薄暗く、暗くなる前にどこかビバークできる場所だけでも見つけておかなければと周囲を見渡すと、なんとかツエルトが張れそうなスペースを発見。結局、4回目の懸垂で行けるかな?と思ったビバーク第1候補地点には、あと少しというところでロープが足りず、諦めて真っ暗な中ヘッデンを点けて泥だらけ、ベタベタになりながら草付き斜面を這い上がって、先ほどチェックしたビバーク地点に到着した。この頃には気温がガクンと下がって寒い寒い。ガタガタ震えながらベタベタの地面の上に急いでツエルトを張り、20:00に何とか寝床が出来た。

ツエルトの中は傾斜があって、下に大きな石や岩があるのでとても快適とは言い難いが、それでも外と比較すると信じられないくらい暖かい。斜めの居心地の悪い態勢でめげずにおつまみと夕食を作り、ぬるいビールで乾杯した。10時頃までおしゃべりして、翌日は4時起床と決めて就寝。


9月6日: 晴れ時々曇り

昨日は結構行動時間が長かったが、意外にも疲れは全く無く気分爽快。人間、寝ようと思えばどこでも寝られるものだということが分かった。朝食後ツエルトを片付け出発。右俣に入り沢を上っていくが直ぐに難しくなり、我々のレベルでは遡行は不可能となったため、左側からまたも高巻き。結局この後一度も沢に下りることなく、烏帽子沢と奥ノ滝の間の尾根を辿って、延々4時間の猛烈な高巻きをすることとなった。途中で上から二俣地点を確認し、更に高度を上げていく。這い松とシャクナゲがびっしりと生えた斜面を、這い松に何度も往復ビンタをくらいながら、「何でこんなことやってるんだろ?」「全ては楽しいアイスクライミングのため」と自問自答しつつ、ひたすら藪コギ。途中にはプチ岩登りの箇所もあり、スリル満点である。右に行っても左に行っても、楽に登れそうな所はなく、ただもう黙々と上を目指すのみ。岩の上でちょっとひと息入れたところで、鷹か鷲かは分からないが、大きな鳥が空を飛んでいるのをぼーっと眺めていたら、稜線上に人が歩いているのが見えた。登山道まであと少し!ということが分かり、最後のもうひと踏ん張りで10:40に長い長い高巻きを終え、稜線に出た。

重い荷物をわざわざ上まで背負って行く必要はないので、ここでザックをデポし、既に体の半分が冬の白い羽根に生え変わった雷鳥のお出迎えを受けながら、山頂着。甲斐駒ヶ岳に登るのは初めてだが、わざわざ登山道の無い所を苦労して登っただけのことはある。良い山である。お陰でつい先程までの厳しい藪漕ぎの疲れも吹き飛んだ。山頂で記念撮影をし、暫し腰を下ろして休憩する。

下りは、黒戸尾根は長くて大変と聞いていたので覚悟していたが、ベタベタ、ドロドロの高巻き、これでもか!というくらい長く辛い藪コギと比較すると、もう天国のようなもの。ちゃんとした登山道のありがたさが嫌というほど分かった。静かな森の緑を楽しみながら、テクテク歩いて17時過ぎに駐車場着。下山し終えた時には不思議と疲れはなく、達成感みなぎり清々しい気持ちだった。(しかし、沢登りはもう当分いいです!(笑))

黄蓮谷右俣は想像していた以上のスケールで、冬はかなりの覚悟で臨まなければと思いました。下見しておいて良かったです。本番の前に数回八ヶ岳などで練習できると良いのですが、果たして今年のアイスシーズンはどうなりますことやら。



以上