千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

鈴鹿 御在所岳 藤内壁 中尾根〜一の壁

期日    平成21年6月14日  

場所    鈴鹿 御在所岳 藤内壁 中尾根〜一の壁

参加者   曽我、 辻

携帯電話 ドコモ(0〜4)

JR千種 5・35 湯ノ山温泉上の駐車場(4)7・00 日向小屋(0) 藤内小屋(0) 兎の耳水場(3)8.10 藤内沢出合(3) 中尾根取付(4)9.00 ツルムのコル (0)10.50 おにぎりの頭(2)11,50 バットレスの頭(3)12.50 バットレス 取付(1)13.45 一の壁(1)14.00 登攀終了16.00 駐車場 17.30


JR 千種駅で辻さんを拾い、名古屋西インターから東名阪に乗る。いつもは、熊牧場ゲートで駐車するのだが、今日は湯ノ山温泉ロープウェイ乗り場奥の、蒼い滝駐車場え行こうと思ったのだが、昨年の大雨災害の被害で通行止めになっていた。仕方が無いので温泉最奥のスカイライン際にある駐車場を目指す。近ずくにつれ路肩は駐車の車で埋まっている、何とか駐車場下の路肩にスペースを見つけ止めることが出来た。

スカイラインを少し下り裏道登山道に入る。日向小屋までは側面
に土嚢を積んで固めた立派な道路が出来上がっていた。大雨災害の爪あとも荒々しい荒れた河原が、藤内小屋上のウサギの耳の水場まで続く。藤内小屋は全壊に近い状態だが、ボランテイアも含め小屋の人達が細々と修理作業をして見えるが、営業再開にはまだまだ時間が掛かりそうだ。

藤内沢のテスト岩から右の巻き
道に入り、2ルンゼ出合から左上して中尾根取付きに着く。

ピッチめはクラックからチムニー、チムニーのい入り口が湿っぽく滑りそうで悪い
2ピッチ、3ピッチもクラックとチムニーと続きツルムの頭に出る。10メートルの懸
垂でツルムのコルに下り休憩。
4ピッチ目は、コルから2メートルほど登り、左に細
いバンドをトラバースして右上する凹角に入るのだが、その取付きガ崩壊しており登れない。仕方が無いので取付きの真横にも同じような細いバンドが左へと走っており、ノーピンだが出始めにカムをセットして、それを登りルートに入る。
5ピッチ目
、直上ぎみに丸っこい岩を2つほど登り、オニギリ岩のフェースに入る。5メートル程だが垂直で高度感もあり難しいがピンにステンレスハンガーが打ってあり心強い、三角形のオニギリの頭に飛びつくと終了。

中尾根は、そのまま直上して10メートルほどの容易なチムニーを登り、頂上へと抜けるのだが、今回はオニギリの頭から左に踏み跡をトラバースしてバットレスの頭へとたどる。バットレスの終了点までは10メートルほど降りなければならないが、ちょっと怖いのでロープを使う。終了点からは3ピッチの懸垂下降で取付きに降りた。
一の壁は、ダイレクト、左トラバース、最後に3ルートを辻さんのリードで終る。

中尾根はなぜか人気が無いようだ、今回も前尾根や一壁は人がいっぱいいたが中尾根は我々の貸切りだった。理由は内面登攀で、湿っぽいからか。だがツルムのコルから上は、フェース登攀で高度感もあり快適だ、何より静かなのが良かった。

藤内はどこも同じだが、古いピンは腐食しており信用できない。カムとハーケンは持参すべきであろうし古いハーケンを使う時は打ち直すべきだと思う。