千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

焼岳 山スキー 


期間   : 09年4月29日
メンバー :曽我、浅野(清)、岩佐、山田(記録)
行き先  :焼岳


 岩佐さん宅(1:40)=春日井IC=松本IC=中の湯新登山口(5:20,5:40)−焼岳頂上(9:25,9:45)−登山口(11:25,11:40)=温泉、食事=岩佐さん宅(17:20)


  4月のはじめに焼岳を見ながら明神東稜(ひょうたん池で敗退)から帰ってくるときに今回の計画を思いついた。
当初の計画は坂巻温泉に車を止めて、中の湯ルートを登り、下堀沢を滑る予定であったが、変更して新中の湯ルートを往復した。もし計画通りとしていたら、覚悟はしていたものの行きも帰りも板を担いで歩く距離が結構あったので、大正解であった。

 心配していたゴールデンウィークの渋滞も無く、すんなり高速を抜ける。清三さんの事前の調査により11号カーブあたりの駐車スペースに車を止める。一台の先客があった。
笹薮が出ているがこの数日の間に多少の積雪があったので、シールで登り出す。途中から、急なぼこぼこになった登山道でつぼ足に切り替え、稜線に出てからは快適な斜面をシールで登る。

 下堀沢上部の合流地点に来ると、噴煙を上げる焼岳が大きく聳え立ち、先行するつぼ足3人組が小さく見えた。硬い雪質のカール状斜面を登りきり、スキーをデポして焼岳北峰へ登る。360°の山を堪能し、デポ地点まで戻る。シールをはがして、カール状のおいしい斜面を滑る。

まず、曽我師匠の規則正しいターンに思わずうっとり。次に自分の番。あれっ?意外とむっ、難しい雪質じゃないか。。。制御不能に陥り、前向きに大転倒。情けない。。。岩佐さん、清三さんは無難に滑り降りてくる。
山スキーの魅力はなんと言ってもその機動力といいたいところだが、今回ばかりはつぼ足組の方が早いようで、頂上ですれ違ってから、一度も追いつくことはなかった。トホホ。

安全地帯まで降りてきて、暖かい日差しの中、清三さん差し入れの黄金炭酸栄養ドリンクをみんなでまわし飲む。
ここからは藪の混じった悪い雪質の疎林帯をただただずり落ちていく。
が、曽我師匠だけはかっこよくジャンピングターンを決め、とうとう駐車場までスキーで下りてしまった。
私を始め、他の3人は早々と板を外しトボトボとつぼ足で下りた。
恐るべし、曽我師匠。

今回は車を降りて、曽我さんの一言であっさりルート変更した。
確かに、雪の多い時期なら計画のルートでもいいが、やっぱりスマートさにかけるよな〜って反省。

それにしてもいつも感じるのだが、GPSやら、地図、コンパス、いろいろな道具を使って必死に確認してるのに、曽我師匠を始めとして山の達人は何も見ないで、次はこっちとか、今度はあっちとかよく的確な判断ができるなって思う。

帰りは中の湯で温泉に入り、道の駅で山菜を買い、 山形村 のおいしい蕎麦を食べて帰りました。
こんな贅沢な遊びって他にあるのだろうか?

青:実際のルート
赤:計画のルート