千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

三方岩岳 山スキー         


期間   : 09年3月29日

メンバー :曽我、山田(記録)

行き先  :三方岩岳

 

  曽我さん宅(3:20)=馬狩料金所(6:10,6:30)−三方岩岳頂上(10:50,11:20)−料金所(13:00,13:20)

=食事=曽我さん宅(16:30)

  先週の計画が雨で中止になったため、高速乗り放題1000円の2日目に再度計画した。

東海北陸道で白川郷ICまであっという間に到着。時間も早いため、車はほとんどいなかった。

白山スーパー林道の馬狩料金所へ一番乗りに着き、シールの準備をする頃、2パーティがやってきた。

車から白谷沿いの登山道をシール歩行する。昨日のものと思われるトレースをありがたく利用させてもらう。

稜線へ出るまでの小一時間はかなり急な斜面をえっちらおっちら登る。

スーパー林道のヘアピンカーブと交わったところで休憩する。

ここからは傾斜もゆるくなり地図上1471m地点までは比較的快適だった。

昨日のトレースはここで終わっていたため、ここから、ふくらはぎくらいのラッセルで汗が滴り落ちる。

雪尻やクレバスが見えるいやらしい斜面で曽我さんが「こりゃやばいな。」と一言。

80cm程下には明らかに硬い面がストックで確認できる。

そうか、こういう状況は注意しないといけないんだと気づく。

曽我さんの絶妙なルート取りで危険地帯をかわしながら、後ひと登りで三方岩岳というところで休憩。

最後の詰めも結構難しそうなルート取りだなと眺めていると、3人組のパーティがやって来た。

昨年はアイスバーンでアイゼンを持っていなかったらしく、途中で引き返したそうだ。

白谷を挟んだ向こうの稜線にはもう一組のパーティが登っているのが見える。

野谷庄司山に向かっているようだ。

ここからは先行を譲る形となり、思ったより簡単に頂上に到着することができた。

数年前に白川郷に訪れた時にひときわ目立つ山があって、それが三方岩岳と教えてもらった時から

頭の片隅に残っていた。その山に山スキーで登ることができて大満足。

 シールを外し、いよいよ滑降なのだが、重い雪に操作はままならず、太ももがパンパンになる。

曽我さんは飛び跳ねるようにターンを繰り返し、華麗な滑りを見せていただきました。

スノーモービルで遊んでいる3人組に遭遇し、林道を駆け上がってきたという情報を得たので、

ここからは林道をひたすら直滑降し、料金所までだらだらと滑った。

 帰りも時間が早いせいか、渋滞なしで春日井ICまで。

高速1000円って、平日もやってくれないかな〜。

青:登りのルート

赤:下りのルート