千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

日照岳 山スキー


期間 : 09年3月15日
メンバー : 加藤(友)、浅野(清)、山田(記録)
行き先 :奥美濃 日照岳 山スキー


清三さんの会社P(3:10)=日照岳取付(5:40,6:10)−日照岳頂上(10:35,11:00)−取付(12:55,13:20)
=食事=清三さんの会社P(16:00)

今回の山行は千種に入会してから初の山スキーであった。
どこか山スキーに行きましょうと清三さんに誘ってもらい、即OKの返答。
その場で日照岳に決定。しかしつい最近遭難者が出たということで、少し緊張気味で当日を迎える。

名古屋高速も小牧経由ではなく、一宮から東海北陸道に行けるようになり、すいすいと走ることができ、
まだ暗い中、荘川ICで降りる。しかし、あいにくの雪で、とりあえず取り付きまで行ってみる。

取り付きには車は一台も無く、しばらく様子を伺っていると、段々あかるくなり、雪も止んだ。
準備を終え、シール歩行で歩き出す。

密度の比較的濃い樹林帯を登っていくが、傾斜が少しきつくなると、硬い雪面に積もった柔らかい雪が 
次々と下へ落ちていくいやらしい斜面だ。

尾根に乗るまでは何とかシールでと思ったが、たまらず、板を脱ぎつぼ足で稜線に出る。
あらかじめ調べておいた迷いやすいところに赤旗を立てながら、高度を上げる。
ネットでは結構スキーの紹介がされているので、もう少し山スキー向きの斜面かと思いきや、
結構尾根も細く、樹林も濃いので、帰りは滑れるだろうかと不安になる。

しかし、今日はまだ誰も登っていないので我々がトレースをつけていくのは気持ちがいい。
登りの6割くらいはつぼ足で(本当はシールで完登したかったのに)、とうとう頂上に到着です。

眼下に御母衣湖をはじめ、360度の名も分らぬ山々を眺め、充実感に浸る。
清三さん差し入れの黄金炭酸水を回し飲みし、やっぱ山スキーはこれだよな〜って思う。
十分景色を堪能した後、シールをはがし、お楽しみの時間です。

行きに想像していたよりはまだ滑ることができて、とりあえず、高度を下げる。
細い尾根は尾根通しには滑ると恐ろしいので、稜線を外しながら付かずはなれず、
だましだまし降りていくと、3人組のいかにも山スキーヤーと出くわす。
彼らは我々と違う地点から入山したらしく途中から同じトレースを辿ってきた模様。

軽いチビ表層雪崩を連発しながら慎重に降り、無事に取付に戻った時には充実感いっぱいだった。
帰りはおいしい蕎麦を食べて、高速を順調に飛ばし帰りました。

156号沿いの山スキーエリアは近くてお勧めです。

青線:予定ルート
赤線:実際の軌跡