千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

錫杖・中央稜〜直上ルンゼ〜北東壁右奥氷瀑(2本)


【期間】2009年3月8日(日)
【メンバー】中本、西村(記)
【行動概要】

03:10駐車場発 05:30中央稜取付着 06:10登攀開始 11:30頂上
12:10頂上発  13:30北東壁右奥氷瀑 15:40さらに右の氷瀑
16:30北東壁取付 17:30クリヤ岩小屋 18:30駐車場着


【記録】

以前、錫杖を近くてよい山と書いたことがある。(近いっても結構距離ありますがね)
錫杖それ自体、スケールは小さいですが組み合わせ次第でいろんな楽しみが方ができます。今回の内容は変化に富んでいて改めてそう思いました。

雨の可能性が高かったが少しでも登れるならと思い、またできれば雨が降ってくる前にささっと登って帰ってこれればと思い、出発を1時間早めていつものように暗い中を歩き出した。雪はずいぶんと少なくトレースは明瞭でアプローチは楽だった。

はやる気持ちを抑えながらも中央稜取付にはまだ夜が明けぬうちに到着。
取付から下を見れば垂れ込めていた雲ははるか下に。今日は晴天だ。

 薄明るくなってルートを見上げると、中央稜右岩壁内のルンゼにはビシッと氷が張っている。もうここだけで来た甲斐があったなぁって感じ。

 心の広い中本さんは今日も私に先発を譲ってくれた。では登攀開始。

 氷の状態は完璧に近くピックの刺さりもいい。時折ベルグラで微妙なバランスを取りながら上がらなければならず少し緊張するがなんともいえない心地よさ。洞窟(夏はチョックストーンがあるところ?)でピッチを切り、カムとナイフブレード一本打ちアンカーを作る。

2ピッチ目出だしはいきなりベルグラからスタート。
 一手が厳しいこの核心を中本さんはうまくこなしたあとは草付とブッシュ帯延々と行く。
続く3ピッチ目はブッシュ帯の木登りと上部に大きく張り出した雪庇を崩してP1とP2とのコルへ下降する。
ブッシュ帯を少し上がるとあとは緩い雪壁を直上ルンゼ下部までコンテで進む。直上ルンゼにも氷がきれいに張っている。

 直上ルンゼ1ピッチ目まではコンテで進んだので2ピッチ目からスタート。
プロテクションはスクリューで取れるが怪しい箇所もあり、かなりランナウトも。
傾斜はまあまああるが快適に登る。ブッシュ帯でピッチを切る。
あとは頂上まで中本さんが引っ張ってくれまずは前半戦終了。

 穏やかな日差しに包まれながらしばし休憩。

北東壁への下りは意外に雪が多く最近の雨は上では雪だったことをうかがわせた。
デブリを避けながらも面倒なのでシリセードを多用しながら北東壁へ急ぐ。
当初左ルンゼのつもりだったが、中本さんが気にしていたその奥にあるルンゼを偵察に行くと、なんと素晴らしい氷瀑が。
これを見てしまったので予定を変えてこれを登ることにする。

 上下二段に分かれており70mほどのスケール。傾斜は所々バーチカルで、おまけに最上部は細いガリー状でちょっと陰鬱な雰囲気のする素晴らしいルート。
 ここはまるで写真でみたベンネビスのよう。
この楽しそうな氷は中本さんリードで。
快適この上ない感じでサクサクと上がっていった。フォローで上がった私は狭いガリー内の壁にびっしりと張ったベルグラをあえて選んで上がった。

同ルート下降し、せっかくなのでさらに奥の氷瀑でも遊んで行こうということ素早く場所移動。
こちらもバーチカルな部分もあり50mのスケール。

 最後の1本は私がリードで。さすがに疲れてきたのかバーチカルな箇所には歯が立たず緩い傾斜を選んで上がる。
フォローの中本さんを迎えて同ルートを下降し、時間も16時を過ぎたので終了とする。
帰りに見上げた北東壁は今が一番いい時期なのかも。グラスホッパー、左ルンゼ、その隣の右ルンゼ氷柱がバッチリ。おまけに前衛壁の1ルンゼも。

早めに帰りたかったが駐車場にはどっぷりと日が暮れてからの18:30帰着。平湯で温泉に入れば疲れがどっと押し寄せてきて、家に戻ったのは日付が変わってAM2:00を過ぎていた。

 今回は60mロープを使用しました。60mに慣れれば単純に距離を稼げるのはもちろんですが、スピードアップに繋がると思います。(したっがて文章中のピッチの区切りは通常と違ってます)