千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

錫丈 北沢大滝 


期間 : 09年3月1日
メンバー : 市川、中本、山田(記録)
行き先 :錫丈 北沢大滝


    昭和村 P(0:00)=槍見駐車場(3:00,320)−取付(6:30)−錫丈岳頂上(11:30,12:00)
         −槍見駐車場(14:50,15:30)=温泉、食事= 昭和村 P(20:00)


 これが冬壁なんだということを十分に体感した山行でした。

 ここはまだまだ雪山の世界なのにこんなに暑くていいのだろうか?取付までの間に汗びっしょりになる。
ヘッドランプで雪の中を歩くなんて今まででは考えられないことだったが、アルパインでは当たり前なんだ。
取付のちょっと手前のトラバース斜面を精鋭たちはヒョコヒョコと簡単に行ってしまう。自分はおっかなびっくりで足を運ぶが、精鋭たちのように思い切って行こうとした瞬間足を滑らせ、軽い滑落。市川さんが大丈夫ですか?と駆け寄ってくれる。幸い怪我も無く、ここで、ハーネス、アイゼン装着とする。

 いよいよ登攀開始。薄そうな氷が辛うじて岩にへばりついている2mほどの幅の怖〜いところがスタート。この精鋭たちにはロープはいらない箇所なのだろう。ロープいる?と聞かれ、勿論いりますと返答。3ピッチほどロープを出して、いよいよ本来ロープを出すべきところに到着。

昨年の夏に初めて登った左方カンテがいつの間にか下になっていた。

 ここからは4ピッチで本峰へ到着なのだが、非常に内容の濃い登攀でした。不安定な状態の雪の壁、氷の垂壁、アックスの不要な岩場。4ピッチの間にめまぐるしく変わる雪の状態に様々な技術を駆使しながらよじ登る。そして忘れてならないのがルートファインディング。弱点を探して登ろうとしたとき、自然とこのようなルート取りになるのかなと感じた。

あ〜、なんて楽しい遊びなんだろう?

 頂上からは360度の眺望をほしいままにし、アホな話で盛り上がる。下山は北の鞍部に進み、錫丈の裏側を眺めながらスキーなら気持ちのよさそうな斜面を下りる。2本の大きな氷曝が見えた。左はグラスホッパー。2人組のパーティが懸垂下降してる。氷も難しそうなのだが、その上の雪壁が怖そう。デブリを横切り、シリセードで時間短縮。
下山後は平湯の森で汗を流し、牛丼を食べて下道でひたすら帰路に着く。