千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

八ヶ岳 阿弥陀岳北稜・横岳石尊稜


【山行期間】  2009年2月28日〜3月1日
【メンバー】    辻、岩佐(報告)
【行動記録】
2月28日: 神領(05:50)+ +JR 茅野駅 (09:19, 09:35) = = 美濃戸口(10:15, 10:30)- -北西稜分岐手前△(テント設営)(13:20, 14:00)--北稜ジャンクションピーク下(?)(16:00)--△(16:40)
3月11日: △(05:05)--中山乗越(05:50)--石尊稜取り付き(06:40)--石尊峰(11:50, 12:00)--地蔵尾根上(12:35, 12:45)--△(13:15, 14:05)(テント撤収)--美濃戸口(15:35, 16:30)--JR 茅野駅 (17:25, 17:48) ++名古屋(22:00)


【報  告】

2週間前に登った北西稜がとても面白かったので自分でリードして登ってみたくなり、「まずは新人だけでも登れそうな所に行ってみよう!」と、阿弥陀岳北稜と横岳石尊稜を計画した。今回の山行は、自分たちで取り付きを探し、ルートファインディング及びマルチピッチの登攀を経験するというのが目的だ。

2月28日(土)

交通手段に電車とバスを使うことになり、美濃戸口に着いたのが10:15。到着すると急いで北西稜分岐近くまで行き、テントを張る。テント設営後、取り敢えず行けるところまで行こう!と14:00にテン場を出発。行者小屋から文三郎道を通って途中で右側のトレースに入ったが、このトレースは中岳沢より一本手前の沢だったため、左側の尾根にトラバースし、尾根上をラッセルしながら登る。登っていくにつれて傾斜がきつくなり、最後の数十メートルはかなり急な雪壁だったので、ゆっくりと慎重に登っていった。西側に走っている支尾根とぶつかった所で16:00だったので、残念ながら本日は時間切れ。ここから渋々テン場に引き返す。下りは先ほど登ってきた雪壁では急すぎるので、尾根の反対側の緩やかな斜面を下る。

時間の都合で途中までしか行けなかったものの、地図と実際の地形を見ながらのアプローチは面白かった。この夜は温かい鍋と梅酒で乾杯し、翌日の山行についてルートやスケジュールの再確認などを行い、起床を3:15として22:30就寝。
北稜の雪壁を登る辻さん。

3月1日(日)

予定通り3:15起床。昨晩少し雪が舞っていたが、積雪は数ミリほどか。テントから顔を出して空を見ると星は出ていない。天気予報は曇りのち晴れだったが、果たして予報通りお天気が良くなってくれるだろうか。

5:05テントを出発。気温はさほど低くもなく、風も全くない。中山乗越を越え、少し下った所で右側にトレースを発見。しかし、このトレースは中山尾根に向かっているし、地図を見ると方角もイマイチ違う。注意して周囲を見ると1本樹林帯の中に入っていくトレースがあり、これが石尊稜へのトレースだった。

取り付きに到着すると、2人組の先客がいた。彼らはロープをつけて岩壁下まで雪の急な斜面をコンテで登っていく。我々はここではロープを使わずに岩壁下まで登り、基部にてロープとガチャをつける。しかしここは足場が不安定なので、やはり先行パーティーのように下でロープとガチャを出しておくべきであったと反省。そうこうしている内に我々の後にもう2パーティー到着し、今日は渋滞間違いなし。先行パーティーは岩壁右寄りの所で支点を取っていたので、我々は左側にあったRCCボルト2本で支点を作り、1P目辻さんから登る。草付のスラブを直上した所で一旦ピッチを切る。2P目のリードは私。草付スラブを左にトラバースし、その後ミックスの斜面を登る。3P目と4P目はミックスで辻さんリード。途中ランニングビレイを取る支点が見つからず、ルートも分りにくかったとのこと。ルート図では岩壁を登った後は雪稜となる筈であったが、下部は岩と氷のミックス状態だったので、5P目岩佐、6P目辻でビレイして登る。

その先は上部岩壁までちゃんとした雪稜だ。だが、ここまで登ってくる間にガスが濃くなり、視界がいまひとつで先の岩壁も周囲の景色も殆ど見えない。視界が悪い中を登るのは危険なため懸垂下降すべきだと思ったが、風が出てきて暫くするとガスが薄れ、視界が開けてきた。このまま先に進むべきか暫し考えたが、風がかなり強くなってきて上部岩壁もはっきりと見えるようになり青空も見え隠れし始めたため、視界は良くなると判断し、登攀を続け急いで稜線に抜けることにする。

雪稜は左右切れ落ちて結構傾斜もあり、コンテで歩いてもし一人が落ちたら間違いなくもう一人も道連れとなるため、念のため潅木で取ったアンカーでビレイしてもらい、一歩一歩注意しながら登っていく。途中にあった潅木の所で一旦ピッチを切ってアンカーを作り、辻さんに登ってきてもらう。最後は支点を取る所がないので、そのままコンテで上部岩壁まで行く。

上部岩壁下のテラスに着くと2つあったRCCボルトでアンカーを作り、1P目辻さんが階段状の壁を登る。2P目は私の番。途中リングボルトでランニングビレイを取り、そのまま先に進むとアンカーにぴったりのピナクルを発見。見ると残置スリングがかかっている。持ってきた150cmのテープスリングをこの岩にかけ、残置スリングと一緒に環付ビナにかけて支点を作りセルフビレイを取り、セカンドを確保する。最後はミックスの斜面を石尊峰まで上がって11:50登攀終了。稜線に到着した時には午前中のガスが嘘のように消えており、素晴らしい景色が待っていた。新人二人だけでトライした初の本チャン。事故もなく無事に登ることが出来、二人ともニコニコしながら握手を交わす。

赤岳をバックに。午前中のガスも消え、360度素晴らしい眺め。

中岳と阿弥陀岳。先週降った雪で2週間前に来た時よりも白くなっていた。

その後地蔵尾根に向かって歩き出すが、何故か足に全く力が入らずフラフラする。よく考えてみたら、今朝4時前に朝食をとったきり稜線に出るまで全くの飲まず食わずであった。しかし、地蔵尾根でお地蔵様の隣に座って少し行動食を食べ、お湯を飲んだら元気が出た。ここからは燦々と降り注ぐ太陽の暖かさを感じながら尾根を下り、13:15にテン場到着。計画では10時頃までには稜線に抜けなければ美濃戸口からのバスに乗り遅れる可能性があったので、帰りは茅野駅までタクシーかと諦めていたが、大急ぎでテントを撤収すればなんとか最終のバスに間に合いそうだったので、慌てて支度をして早足で下山する。お陰で3時半には美濃戸口に着き、山荘でお風呂に入って汗を流す時間も残っていた。バスで茅野駅に到着。車中では塩尻駅で買ったビールを飲みながら今週末の山行を振り返り、心満たされ幸せな気分で名古屋に帰ってきた。

【反省点・感想】

● 石尊稜は(コンディションにもよるが)初心者にも比較的易しい人気ルートと聞いていたため、渋滞を避けるためにもっと早くテン場を出発し、暗いうちに取り付きに到着して、明るくなったら直ぐに一番乗りで登攀を開始できるようにすべきであった。当日は後続パーティーのオネエサマが、待ち時間の長さにかなりご立腹の様子であったが(とは言っても、我々も先行パーティーが登るのを待っていたので遅れたのであり、ノロノロと登ったわけではないのだが)、変なプレッシャーから焦って落ちたら困るので、外野は無視して登りに集中した。

● これまではずっとセカンドで登っていたので気付かなかったが、ピッチを切ってからリードがロープを引き上げるのはかなり疲れる作業だということが分った。ロープが結構重い上に、引き上げて腕が疲れているところにセカンドが登ってきて、そのままつるべで登っていくのを確保する時に腕に力が入らず、ロープを繰り出すのに苦労した。またセカンドを確保しつつ、ロープをもつれないようにしながらまとめていくのもなかなか大変で、ロープの取扱いの難しさを感じた。

● 風が出てきてからはお互いの声が聞き取りにくく、事前にビレイ解除や登り始めのタイミングを知らせる合図を決めておくべきであった。途中からはホイッスルを使うことにしたが、ピッチによっては全く聞こえないこともあった。

● ロープは辻さんの9mm x 50m 1本だけを使ったため、私は自分のロープをザックに入れたまま登ったが、これが意外に重く感じて少々疲れた。たかだかロープ1本背負っただけでこんな調子では、テントや食料なども入ったザックを背負って壁を登るのはかなり厳しいのでは?と感じた。また、アルパインクライミングにおいて荷物の軽量化がいかに重要かを再認識した。


他にも反省すべき点がいくつかあり100点満点中55点くらいの山行ではありましたが、取り敢えず何とか今回の目的は達成することができました。

新人同士の山行、しかも二人とも本チャンでのリードは冬はおろか夏ですら経験がなかったにも拘わらず、この計画を許可していただきチャンスを与えて下さった波多野リーダーに感謝します。また事前にアドバイスして下さった先輩方、ありがとうございました。「アルパインクライミングを始めて良かった!」と心から喜べる、そんな思い出深い山行になりました。

これからもスキルアップ&体力トレーニングに励み、レベルアップしていきたいと思います。


以上