千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

戸台・駒津沢


【期間】2009/1/12
【メンバー】中本、西村(記)
【行動記録】03:20戸台駐車場発 05:20丹渓山荘着 06:40五丈の滝F1着 
       07:10五丈の滝F1開始 08:00駒津沢F1開始 08:45同終了
       10:15左俣出合の20m滝開始 11:00同終了 14:50稜線着
       15:10稜線発 18:40北沢峠着 19:00北沢峠発 22:20戸台駐車場着

【記録】

この冬はアイス強化元年!と位置づけていて時間が許す限り登りたいとシーズンを迎えまして、年末の黄蓮谷左俣があまりにも気持ちよく登れたので、「さて次はどこへ」と中本さんと駒津沢を計画しました。

天候は冬型が強まる予報だがそれくらいの方が氷の状態もいいだろうし、と期待を膨らませて戸台駐車場に集合。駐車場には結構な車の数。
気持ちはあってもやはり寒い中へ出て行くのはいつも辛い。そう、歩き出すまでがね・・。
渋々最終準備を整えて河原を歩き出した。
月明かりに照らされた明るく広い河原歩きはまだ見ぬ大滝を想像しながら、またお喋りしながら楽しく歩いた。いつもそうだけど行きは良いよい帰りは・・・。実際そうでした。

天気が良かったのは河原歩きの二時間だけで風も強くなり、雪も舞ってきた。
明るくなる頃戸台本谷F1に到着。結氷状態はいい。見た目もバッチリでここまで凍っているのは珍しいとのこと。
中本さんリードでスタートするが意外に氷は薄く慎重にアックスを振る。
F2を越えるとドド〜ンと駒津沢F1が右手にその雄姿を現した。70mのスケール。
リード志願しますと中本さんはこのおいしいピッチを快く譲ってくれました。

傾斜は強くないが長いピッチにどんな登りができるか楽しみで、ワクワクしながら準備をする。
足元は今回からM-10(旧モデルを特価でゲット!)で強化した。これで安定した登りが期待できる。
これで登れなきゃよっぽど下手くそってこと!そして振りなれてきた相棒バイパーを両手に早速取り付く。

風が強くなってきて時折チリ雪崩っぽく上から落ちてくる。う〜ん、なんとなくアルパインチックになってきた〜。
そんなに早く登れたわけじゃないが、あっという間に終わってしまった感じ。
小さな滝を越え、しばらく進むと出てくる左俣出合の20mの滝もリードさせてもらった。
これで滝自体の登りは終わり。時間も早いことなので当初の予定通り稜線に抜けぬことにし先を進む。

取り付くまでは谷全体の積雪状態はわからなかったがかなりの量。
かるく腰までもぐる猛烈なラッセルに二人とも苦しむが、ひたすら稜線を目指す。登攀の半分以上はラッセルになった。
稜線に上がればこれまた強風にさらされ、疲れた体はその風に冷え切ってしまいパワーが出てこない。北沢峠への下りも「なんでこんなに雪があるんだっ!ぼけ!」と悪態をつきながらラッセルし、時折右往左往しつつもようやく北沢峠に到着した。
もうどっぷりと日は暮れていた。
あとは機械的に足を前に出しさえすれば戻れるのだが戸台駐車場までの長い河原歩きは拷問のようで、22時過ぎに到着した。

どうせ家に着くのは明日だし、とにかく腹が減っているので近くのマクドナルドに直行し、腹を満たした。

もしアイスのセクションだけだったら面白くなかっただろう。
当たり前だが雪に、風に苦しんだから充実したものになったと思う。
腹も満たされると同時に気持ちも満たされ会心の山行になった。

今回、下山が遅くなったことで会の皆様にはご心配をお掛けしましたことを深く反省しております。計画書提出時にあらかじめ下山が遅くなることを伝えるべきでした。

とにかく、計画を予定通りこなすためにスピードを意識し、取り組むことは重要ではないかと感じています。