千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

御在所岳 3ルンゼ

【山行期間】         2009年1月10日(前夜発)
【メンバー】           勝野、加藤(信)、岩佐(報告)
【行動記録】         1月9日: 名古屋(22:50)==菰野道の駅(00:00)(テント泊)
                        1月10日: 菰野道の駅(07:10)==あおい橋手前ゲート(07:30, 07:55)--
                  裏登山口(08:05, 08:30)--3ルンゼ--御在所山頂(12:05, 13:00)--
                   あおい橋手前ゲート(14:30, 15:00)--名古屋(17:50)

【報 告】

9日夜11時少し前に名古屋を出発し、菰野に到着すると小雨のなか道の駅の建物の屋根の下にテントを張る。出発が遅かったため到着が真夜中となってしまったが、09年最初の山行ということで、勝野さんと朝3時まで新年会で盛り上がった。

10日朝6:15起床。今朝も少し雨が降っておりテンションが下がり気味だが、電車で到着する加藤信也さんと裏登山口で合流することになっているため、取り敢えず道の駅を出発した。裏登山口に着くと、おでこにいっぱい汗をかいた信也さんが丁度到着したところだった。早速皆で今日どこを登るか相談し、3ルンゼを登ることに決定。ロープや登攀具など余分なものをデポして出発した。

登山道に入ると、昨晩から降り始めた湿った雪が10〜15cmほど積もっている。暫く行くと、30代後半のカップル一組、そして5人くらいのシニアグループに追いつく。皆さん3ルンゼを登るということで、カップルとラッセルを交代しながら藤内沢出合いに到着。ここでアイゼンを装着し、3ルンゼに向けて出発した。30代カップルとシニアグループはテスト岩(?)の所でハーネスなどを装着していたため、まず我々が先に登り始めた。急斜面を登っていくと、場所によっては雪が腿くらいの深さの所があるかと思えば、結構雪が締まって歩き易いところもある。3人交代で、勝野さんにラッセルのコツや注意点、ルートファインディングなどを教わりながら、トレースの無い斜面を黙々とラッセルしていく。雪が降り風も結構あって寒いが、誰もいない山の中を無言でラッセルし、一歩一歩少しずつ高度を上げていくのは楽しい。

3ルンゼの氷。硬いところもありましたが、スカスカの所もあり、氷結はまだまだでした。

中尾根バットレス。

ひたすら登っていくと3ルンゼの滝の所に到着した。今日はアイスクライミングではなく歩きが目的なので、滝の左側を登っていくのだが、その前に「折角来たことだし、ちょっと遊んでいいよ」という勝野さんのありがたいお言葉に甘え、勝野さんのバイルと自分のアイスピッケルを使って数メートルのアイスクライミングを楽しむ。氷の張り具合は勝野さん曰く「まだまだ」で、硬く張った所もあればスカスカの所もあって、確かに氷結はイマイチ。

クライミングの次は、氷の斜面をアイゼン歩行する練習だ。勝野さんから、「アイスクライミングよりも下る方が難しいのだから、登れるだけではなく安全に下ることが出来るようにしておくことが大切だ」と教わり数回練習したが、なるほど正面を向いて下るというのはかなり怖く、ややもすると怖気づいてつま先を下ではなく横に向けてしまい、非常に不安定な下り方になってしまう。登るだけではなく、安全に斜面を下ることの難しさと大切さを痛感した。歩行訓練の後はルンゼ左側を登り、山頂に12時過ぎに到着。昼食をとった後アルファルンゼや中尾根バットレス(?)の氷の状態をチェックしながら下山し、14時半頃車に無事到着した。(因みに、アルファルンゼは新雪のため氷が見えませんでした。)

今回は雪のついた急な斜面を登るだけではなく、雪山登山の基礎を色々と教えていただきながら、中身の濃い充実した山行を楽しむことが出来ました。勝野さん、ご指導ありがとうございました。信也さん、また一緒に山に行きましょう。