千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

阿弥陀岳 広河原沢左俣


【山行期間】           2008年12月20日
【メンバー】             曽我、岩佐(報告)
【行動記録】           名古屋(04:20) = = 船山十字路(07:45, 08:00) - - 左俣F1(09:20) - -
大滝(12:40, 13:10)- - 船山十字路(15:50, 16:20)= = 名古屋(22:00)

【報 告】

20日夜発を予定していたが天気予報では21日が雨ということだったため、急遽20日早朝発に計画を変更。江崎さんも参加の筈だったが風邪のため不参加となり、曽我さんと私の二人で朝4:20に名古屋を出発、時間短縮のため春日井から諏訪まで高速で行く。今日は快晴で景色が素晴らしく、雪をまとった山々が白く輝いて美しい。

船山十字路に着いてみると、先週の日曜のアイスクライミング講習会の時から雪は殆ど降っていないようで、周辺の斜面には雪が全くついていない。気温も高く、歩き始めると直ぐにドッと汗が噴出す。1時間半くらい歩いて左俣F1に着くと2人組のパーティーがおり、我々よりひと足先に登り始めた。我々も準備をして、まずは曽我さんがお手本を見せてくださりながら登っていき、私もその後に続く。アイスアックスの使い方がいまひとつで無駄に何度もアックスを振り下ろすが、それでもマグレでしっかりキマルと気持ちが良い。その後も曽我さんにアックスの振り方のコツやアイゼンの蹴り込み、立ち方などを教わりながらいくつもの滝を登っていくが、中には殆ど氷結していないところもあり、巻きながら登っていく場面も。また、所々薄く氷が張った上に雪が載っている箇所があり、そうとは知らずにアックスを振り下ろすと無残にも氷の下の岩にあたり、新品のアックスが嫌な音を立てて撥ね返る。

めげずに暫く行くと、12mの立派な大滝が現れた。ここまでの小さな滝と比べると氷の張り具合もまあまあで登り応えがありそうだ。我々の前には3人組のパーティーがいて、丁度リードが登り始めたところだったため、行動食を食べ暫し休憩して時間をつぶすが、3人目の人がアイススクリューを抜くのに結構手間取り、日陰でじっと待っているのは結構寒い。漸くスクリューが抜けたようで先に進み始めたので、直ぐに曽我さんが軽快に登り始めた。途中1本アイススクリューを打つが、氷が硬いようでなかなか入っていかない様子。その後アックスを一発でキメながら素早く登っていかれ、暫くすると「ビレイ解除」のコールがかかった。「OK」のコールの後、慎重に登っていく。先週の講習会でアイススクリューが1本5千円もすると聞いて仰天し、落とさないように注意しながら抜き、スクリューの中の氷を落とすと直ぐにカラビナにかけた。その後曽我さんにアドバイスしていただいたことに注意しながら上まで登り、ここで敗退するという3人組に別れを告げ、さらに先に進む。暫く行くと、F1でお会いした2人組が降りてきて、「氷の張り具合も悪いし、気分が萎えたのでここで敗退します」と言って下っていった。我々は取り敢えず行ける所まで行ってみようと、更に先に進む。途中で踏み跡が消え、曽我さんのラッセルで最後の大滝を目指す。CACウェブサイトの市川さんの写真では、大滝の氷結が薄いということだったので、果たして登れるのかと心配しながら行ってみると、2週間前より更に薄くなっている感じでがっかりした。ここからわざわざ滝を巻いて御小屋尾根に出る気もせず、そこで敗退となった。

下りは、懸垂下降と場所によっては後ろ向きでアックスを使って降りていくが、登りよりもかえって難しく、一歩一歩慎重に降りていく。最後の方の滝では足元の氷の張り具合が薄い所があり、2回ほど氷を踏み抜いた。本来ならば凍っている筈の所は、下を水が勢い良く流れていくのが見える。明日は雨だと聞いているし、この分では更に氷が融けてしまうのではないかと心配だ。折角始めたアイスクライミング。今シーズン、出来ればあと数回はトライしてみたいが、今の氷結の具合ではどうなりますことやら。

以上