千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

錫杖岳 見張り塔からずっと


山行期間:2008年11月2日
エリア :錫杖岳 「見張り塔からずっと」
メンバー:瀧根(飛騨山岳会)、西村(記)

槍見駐車場  5:30
北沢大滝基部 7:30
登攀開始   8:30
錫杖頂上   13:30
槍見駐車場  17:30



11月最初の連休はしっかり休めそうなので、都合がついた3日を中本さん市川さんと錫杖に行こうと決めていた。その前二日も天気も良さそうなのでなんとか登りたいと思っていた。
瀧根さんとは先月末に東京でお会いし、そのときにちょうど予定が空いていると聞いたので錫杖で登ることが決まった。瀧根さんもプライベートの山が出来ていないみたいで、互いにいいタイミングだった。

僕は前日、甲府幕岩でフリーをしていて、そこそこ楽しめたのでその気持ちを持続したまま、車を新穂高へと走らせた。槍見の駐車場は満車だと思っていたが意外と少ない。
雪の情報があったりしたので諦めたのが多かったか?ラッキー!

夜は瀧根さんの車で軽く宴会。いつもながらとりとめのない話に花が咲き、結構冷えた夜だったが心は暖かかった。

4:00過ぎ起床。夜明け前の5:30歩き出す。

少し行くと何か忘れ物してるような気がして、メットを車に忘れてきたのを取りに引き返す。瀧根さんにはぼちぼち先行してもらう。だいぶ離されたが錫杖沢出合いまでには追いつくだろうと急いだが、結局前衛フェースが近くなったところでようやく追いついた。

そのまま北沢大滝へ向かう。先行組が1組、後からも2組。
「見張り塔〜」が人気ルートになりつつあるのがわかる。

我々は少しでも早く行こうと大滝の左側(中央稜の右側)を行くが、岩場が濡れていて悪いのと、「見張り塔〜」でなく中央稜になってしまうので、いきなりふりだしに戻るはめになる。

下部は北沢大滝の易しいスラブ帯をひたすら行く。ほとんどべったり濡れているので易しいが気は抜けない。フォローには易しすぎるので飼い犬の如くロープを引っ張られ、ぜいぜいしながら駆け上がる。見張り塔が見えてくるまではノーロープかコンテも。

見張り塔が見えた。

洞穴内はべっとりでおまけに上からは雪解け水が滴っている。
洞穴左の核心のクラックはひどく濡れて悪そうなので、右の既成(昔の)ルートに取り付いた。少しかぶり気味だが問題なく抜け、ルートは合流する。

核心のピッチを回避したことでこのルートの意味がなくなったようだが気にしない。
あとは草付を頂上直下の岩峰基部まで詰める。
目の前あるすっきりとしたクラックを楽しみ、頂上へ。フォローで上がってくる瀧根さんを迎えて13:30登攀終了。

何回も通った錫杖だが頂上は初めて。
雪を頂いた穂高の山々の素晴らしい眺めをしばし楽しんだ。

下降路は錫杖の岩小屋に繋がる、牧南沢経由で下る。確かに本峰フェースが望め気分は悪くないが、藪漕ぎに近く、何回か迷いちょっと大変だった。
岩小屋経由であとはとぼとぼ下る。日暮れ間際の17:30に駐車場到着。

核心のピッチをやってないので偉そうに言えないが、本チャン初めての人にも無理なく取り付けるルートです。

今回は冬が来る前の最終の山で天候にも恵まれ、また久しぶりに瀧根さんと登れ楽しい時間だった。翌日の計画は天候も下り坂気味だったので中止となり残念だったが、岩にかじりつくことが少なかった最近の自分にとって充実した休みになった。

瀧根さん、ありがとうございました。