千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

八ヶ岳 赤岳天狗尾根&阿弥陀岳南稜


【山行期間】          2008年11月2日・3日 (前夜発)
【メンバー】            曽我、辻、岩佐(報告)
【行動記録】          11月1日: 春日井(19:20)==美しの森P(22:30)
                         11月2日: 美し森P(05:45)−−出合小屋(07:35)−−天狗尾根取り付き(10:30)
                    - - 岩場上部(11:55)- - 赤岳山頂(12:55, 13:15)- - 牛首山(15:20)
                    - - 賽の河原(16:00)- - 美しの森P(17:10)==温泉&
                    船山十字路(19:00)
                         11月3日: 船山十字路(05:40)- - 立場山(07:40)- - P1下部(09:00)- -
                    阿弥陀岳山頂(10:00, 10:10)- - 船山十字路(御小屋尾根経由)
                    (12:05)= =春日井・名古屋


【報 告】

11月1日(土)

19:20に春日井で辻さんをピックアップして出て高速で中津川へ。その後19号、権兵衛トンネルを通り、伊那から小淵沢まで再び高速を使って、八ヶ岳高原ライン経由で22:30に今晩の宿泊場所美しの森Pに到着した。明日の登山口を確認後、曽我さん号をキャンピングカーにセットし、夜食をとりながら1時間ほど宴会して0時には寝袋にもぐり込んだ。

11月2日(日)

予定通り曽我さんの携帯の目覚ましで5時に起床。時間短縮のため前日に作っておいたサンドイッチとコーンスープで朝食を済ませ、5:45に美しの森Pを出発した。目にも鮮やかな黄金色の唐松を楽しみながら林道を暫く歩き、堰堤をいくつか越えると出合小屋に到着。ここから赤岳沢沿いに登っていき天狗尾根の取り付きを探すが、これがなかなか見つからない。笹の中を藪漕ぎしながら更に先に進み、漸くそれらしき場所に着いた。本当にここが取り付きなのか?と半信半疑ながら、赤テープもあることだしまあ行ってみようと登り始めた。登り始めからかなりの急登で、木に?まりながら樹林帯をひたすら登っていく。しかし行けども行けどもなかなか樹林帯は終わらない。黙々と登っていくと漸く展望が開け、岩場が目の前に現れた。「いよいよ岩場の始まりだ!」と喜んだのも束の間、更に急登の樹林帯を歩くことが分かってガッカリ。何だか思ったよりも時間がかかっているなと思いながら登っていくと、樹林帯が開けてカニのハサミが見えてきた。やれやれ、やっと岩登りの始まりである。

カニのハサミを左から巻き暫く行くと、チムニーが現れる。ここで曽我さんが持ってきて下さった7mmの60mロープを体に巻き、まずは曽我さんがひょいひょいといとも簡単に登って行き、辻さん、私の順に登る。クライミングシューズではなく、冬用の重たい登山靴で手袋をつけたまま登るのは初めての経験で、少し緊張する。曽我さんに、「登山靴は硬いから細かい所でもしっかり立てるよ」とのアドバイスをいただき登り始めるが、はめていた毛糸の手袋が大き過ぎフガフガして岩が掴みにくいので、途中で手袋をはずして素手で登った。真冬になると毛の手袋の上にオーバー手袋をしたままで登るのだから、冬までにちゃんと自分の手のサイズにあった手袋を購入しておかねば・・・。チムニーを抜け緩やかな傾斜の岩稜を登ると、今度は大天狗を大きく左側にトラバースしてちょっとスリルのある壁面を登る。右側の斜面からの登りが易しいとクライミングのガイドブックには書いてあったが、「多少スリルがないと面白くないでしょ?」という曽我さんのありがたいご配慮で、難しい方のルートをご選択いただいた。登りきった所で風に吹き飛ばされないように岩にしがみついたまま辻さんが登ってくるのを待ったが、風が強くて寒いのなんの。確保する曽我さんも「寒い〜、寒い〜」の連発。その後細いバンド上を左にトラバースするが、表面の岩と草の上には雪がついており、踏み固められて滑りやすそうな箇所もいくつかあったため、ロープをつけたまま落ちないように慎重にテラスに下る。ここでロープをはずし、強風に吹き飛ばされそうになりながら小天狗を越えて主稜線に出た後、岩稜を登って12:55赤岳山頂に無事到着。写真撮影して、先ほど登ってきた天狗尾根を眺めながら行動食を食べ、13:15に下山開始。

当初の予定ではツルネ東稜を下る筈だったが、樹林帯下の藪漕ぎを避けたいという曽我さんのご希望で真教寺尾根を下ることになった。山頂直下は鎖を掴みながら下っていくがなかなか傾斜がきつく、雪が付いているところはツルツル滑る。ここは冬場はかなり怖そうだ。急な斜面を下っていくと暫くして緩やかな登山道になるが、ここから先が長いこと長いこと。さすがの曽我さんも、そして健脚の辻さんですら「長いね〜」の連発で、歩けども歩けども尾根は続く。そろそろ靴擦れの痛さも限界になってきた頃に大泉・清里スキー場のチェアリフトが見え、ここから羽衣池に向かって登山道を下った。羽衣池から美しの森Pまでは30分だが、ここで休憩を取って暫し足を休め、「さあ、もうひと頑張りだ」と元気を出して遊歩道の階段の道を下っていき、17:10に薄暗くなった駐車場に到着した。

天狗尾根と赤岳をバックに。

曽我師匠と辻さん@牛首山手前。日陰は寒かったです。

天狗尾根のルートは無雪期は登り5時間くらいと聞いていたが、思いのほか時間がかかり、下りの真教寺尾根も結構時間がかかった。結局11時間くらいかかり、根気の要るコースだった。また、岩登りの取り付き部分までに相当な時間がかかるわりには、岩登り自体はあっという間に終わってしまいちょっと拍子抜け。“冬期は東面を代表する岩尾根ルート”とガイドブックにあるが、晩秋にここを登ろうというモノ好きは少ないのだろう。どうりで行きも帰りも誰にも会わなかった訳だ。しかし、独特の形をした大天狗・小天狗を真教寺尾根から眺めた時、「あんな所を登っていったんだな」と感慨深いものがあった。また、久しぶりに長時間の山歩きをして、冬山シーズンに向けての良い体力トレーニングになったと思う。

下山後は 原村 のもみの湯で汗を流し(17時以降は300円也)、八ヶ岳美術館の駐車場に泊まれないかと思い行ってみたが、まだ美術館が開いていて車は止められそうになかったため、諦めて船山十字路に泊まることにした。船山十字路は我々以外には誰もおらず、ひっそりとしている。かろうじて地面が平らな場所を探して車を止め、夕食後21時に床に就いた。

11月3日(月)

4:30に起床。朝食のお雑煮を食べ、準備をして5:40に船山十字路を出発した。昨日結構歩いたので、腿が若干筋肉痛だが、今日は軽登山靴だし、辻さんに「今日は昨日と比べたら楽勝ヨ!」と言われ、安心してのんびりと林道を歩いて行く。昨日は快晴だったが、今日は少し曇り空。何とかお天気がもってくれれば良いがと少し心配だ。林道を暫く行くと立場山に向かう登山道に出る。ここからは結構な急登。2時間ほどで立場山に到着し、更に1時間20分ほど歩いて岩場に到着した。P1、P2を登り、P3到着。左側に回りこみ、ルンゼを登り始めるが、ルンゼの中央には氷が付いていて緊張する。「氷の上に立たないように」という曽我さんのアドバイスを受けて慎重に登っていく。傾斜はそんなにきつくなく、ホールドも十分にあるのだが、ロープ無しで氷のついた岩場を登山靴で登るというのは結構神経を使う。ルンゼ上部に出て階段状の岩場などを登ると、阿弥陀岳山頂に到着。山頂は風が強くて寒かったため、10分ほど休憩して直ぐに下山を開始した。

御小屋尾根経由で下山したが、赤岳と同じく阿弥陀岳直下もまた傾斜が結構きつく、ロープや鎖を掴みながら下っていく。その後は曽我さんについて、小走り状態で尾根を駆け下りた。樹林帯に入ると登山道には唐松の黄色い落ち葉のカーペットが敷き詰められ、ふわふわとして歩き易い。途中幾度も写真を撮り、晩秋の静かな唐松の森を楽しみながら登山道を下って、12時少し過ぎに船山十字路に着いた。ここの駐車場は車上荒らしが多いとネットに載っていたが、幸い車は大丈夫だった。着替えて近くにある辻さんお勧めの名水のある所(名前忘れました)に行って水をタンクに入れ、帰途についた。

今回の山行では、ほんの少しではありましたが初めて登山靴で岩登りを体験することができ、良い勉強になりました。阿弥陀南稜の氷のついたルンゼはアイゼンを付ける程ではなく中途半端な状態で、レベルIII程度とは言いながらも滑って落ちたら下まで転がっていきそうで結構緊張しましたが、曽我さんから「こういう比較的レベルの低いところで案外事故が起き易い。だからこういうところを慎重に確実に登れるようにしておくように。」とアドバイスを受け、なるほどと思いました。

また、今回不必要な荷物は持っていかなかったつもりでしたが、曽我さんから「荷物が重い」とのご指摘を受けましたので、更なる軽量化に努めたいと思います。

曽我さん、辻さん、ありがとうございました。
曽我さん、色々とご指導いただきありがとうございました。またいつもの事ながら、長時間の運転お疲れ様でした。