千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

明星山・P6南壁・フリースピリッツ


【山行期間】  2008年10月18日〜19日
【メンバー】   曽我、浅野清
【行動記録】  10月18日  名古屋(14:00)==展望台P(19:50)
            19日   P(5:40)−−登攀開始(6:00)−−中央バンド(10:30)−−
P(11:30,11:50)==名古屋(19:50)

【ルート】 (浅野清)

1P目 45m・III  草付の岩場を左上。
2P目 20m・IV- フェースを一段登り、バンド状スラブを左へトラバース。
3P目 30m・IV  スラブから凹角フェース。
4P目 30m・IV  凹角〜スラブを右下へトラバース。バンド状を右上。
5P目 20m・V  ハング直下のスラブを左へトラバース。急な凹角下の不安定なレッジでビレイ。
6P目 15m・V+ 急な凹角を登り、ウメボシ岩を右に出て、下りトラバース。
7P目 45m・IV  急な凹角のクラックから右にカンテを出て、スラブを直上。
8P目 50m・V  ハング右下の凹角を登り直上、中央バンドに出る。


【報告】 (曽我)

18日土曜日、昼過ぎに吹上に集合して出発。中津川まで高速を使い、19号で300キロをひた走り6時間で現地展望台の駐車場へ着く。車中でビールと晩飯を食ったが、野郎二人でやることも無く早々と寝る。

19日。4時半に起床、周りを見回すとクライマーの車が4−5台止まっている。一番に取付くため、早めに用意したつもりであったが、4人組に先を越された。残念、おまけに同じルートだ。しかもガイド連れときていた。幸か不幸か取付きで先を譲ってくれた、あわてたのがいけない。清三さんリードでツルベの2ピッチ目、後ろをガイドに付かれ慌てて2ピッチ目を行過ぎてしまい、変なルートに入ってしまった。

その後、清三さんがワンピッチ登り、そこから懸垂で2ピッチ目まで戻りガイド連れの後に付いた。
その後、適当に登るが戦意喪失、チンタラと登って中央バンド着。時間切れと談合して左稜線に逃げ、一気にブッシュの中のふみ跡を駆け下る。

早朝で頭の回転が鈍いとはいえ、ルート判断を間違えたのは決定的な僕のミスであった。万全な準備の下、付き合ってくれた清三さんに申しわけなかった。といいつつ、過去にもあることでした。ごめん。

明星山は、大昔に一度来たことがある。その頃はまだ経験も浅く、感覚的にはすごいと思ったものだ。

今回は、未完登と言えど組みやすしと思えた。濡れると滑りやすい石灰岩と、ピンが少なくルート判断が難しい部分もある。だが全体の傾斜角度やいくつかあるハングなどを見ても、屏風岩や奥鐘と比べると、やや小粒の感がする。とは言え、上部を含めた時の所要時間、南壁の頭からの下降路の判断等を入れると、やはり明星は一見で組降ろすことは無理であろう。

と、言うことでこれから通いたいと思いました、皆さんつきあってくださいね。