千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

滝谷ドーム中央稜   

期間 : 09年9月14日−15日(前夜発)
メンバー : 曽我、浅野(清)、浅野(直)、辻、西田、岩佐、山田(記録)
行き先 : 滝谷ドーム中央稜


前回の夏合宿は雨で流れているので今回は祈る気持ちで晴れを願った。

【13日 春日井(17:30)−新穂高P(22:00)】

西田号1台に7人が乗り込み新穂高へ着くと、ほとんど満車の状態だったが、駐車およびテントスペースを確保し、軽い宴会後就寝。

【14日 新穂高P(5:30)−穂高岳山荘(13:00)】

4時半起床で朝食を各自とり、長い林道を歩き出す。樹林帯、岩切道、ガレ場を過ぎ、少し残った雪渓を越えた辺りから穂高岳山荘が見える。当初北穂南稜にテントを張る予定であったが、穂高岳山荘の方が楽であるという曽我さんの提案により計画変更。テン場はかなり混んでいた。テント設営後、奥穂に行こうとするが大渋滞。おまけに落石によるけが人が出たことにより今回は見送ることに。

早速ビールによる一次会が始まる。仰向けで青空の雲の流れを眺めていたら、知らない間に眠ってしまった。贅沢なひととき。二次会は岩佐さんの豪勢な料理でもうおなかに物が入りません。
しかし、デザートは別腹です。なんと今回は中秋の名月ということでサプライズ。茶道家清三さんの立てたお抹茶、そしてグルメ家直子さんのお饅頭。それも兎の絵入り。

【15日 テン場(5:25)−取付き(7:30)−終了点(11:20,12:00)−テン場(13:25,13:45)−新穂高P(19:10)−春日井(1:00)】

4時起床。朝食後、ハーネスを装着し出発。涸沢岳直下を通りドームの頭のわきから取付きへ下る。
今回はこの稜線歩きも楽しみの一つであった。思い返せば山を始めた年に燕岳から奥穂まで縦走した時に、大キレットは何とかなったが、涸沢岳の登りに怖気づいて一旦涸沢まで降りて、奥穂まで登り返したことがある。そのころの自分のチキンぶりが懐かしく思えた。

懸垂地点まで来ると女性2人の先行パーティがいた。ちょうど50m一本分のロープでテラスに降り、右に歩いていくと中央稜が聳え立っている。そして雷鳥達が我々を迎え入れてくれた。今回は清三さん、岩佐さん、私の3人、そして曽我さん、直子さん、辻さん、西田さんの4人の2パーティに分かれ、清三さん先頭で登る。

1ピッチ目:凹角から途中チムニーを交え最後はチョックストーンと変化に富んだルート。
2ピッチ目:1ピッチ目よりは簡単に登ることができた。
3ピッチ目:ロープは使わずに右へトラバース、先行パーティがいたので大休止。
4ピッチ目:ビレイポイントがかなり狭く、こんなに狭いところでもビレイができるんだと思った。ビレイ点近くに大きな岩があり、それ動くよと清三さんに教えてもらわなければ不用意にひっぱっていたかもしれない。
5ピッチ目:でだしの左へのトラバースは足が遠く緊張した。終了点近くは登り方がわからずA0で登る。
終了点で清光さんと感謝感激の握手。
終了点から縦走路に出てテン場まで戻ると、我々のテントのみとなっていた。
ここからまた重い荷を担いで長い下りをひたすら降りる。久しぶりに足が棒になった。
とてもおいしいホルモン鍋を食べ、温泉につかり帰路に着く。

【感想】

憧れの3000m級の岩に初めて登ることができて大満足です。
岩場までの長いアプローチ、そして下山の苦労を差し引いてもお釣りが返ってきます。
北アルプスの山並みが一望できて、高度感溢れる緊張感、澄んだ空気。今回は変化に富んだルートをいろいろな体勢をとりながら登ったのが面白かったです。

夕食はもちろんのこと山の上で頂いたお抹茶とお饅頭は最高でした。
帰りに食べた締めのホルモン鍋も最高でした。
今回もいろいろありがとうございました。