千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

笠ヶ岳 穴毛谷第5尾根

日時: 08年5月1日
メンバー: 瀧根

5/1、飛騨尾根パーティを羨ましく思いながら一人で登ってきました。

穴毛出合3:30発-9:15主稜線着-10:00笠ヶ岳ピーク-14:00穴毛出合


新穂高で仮眠し、2:30頃起床。計画書を提出し3:00頃出発した。
少し先を山スキーヤーが歩いていて、穴毛に入って行った。
途中左岸からブロックが落ちてくる。狭い谷に響く轟音は嫌なもんだ。
スキーヤーと前後しながら進み、穴毛大滝の手前で「気をつけて」と別れる。

第5尾根は穴毛大滝を超え6の沢を渡って取り付くと書いてあるが手前のルンゼから登れそうだ。
ボブスレーのルートのような雪崩跡を避けて登っていたら一発落ちて来た。
尾根上に出ると、さっきのスキーヤーが杓子平にポツンといて思わず「何を考えながら登ってるんだろう」と見入ってしまった。きっと奴も同じ事を思ってるんだろうなぁ。

新生活をスロバキアで始める息子のフライトが10:00なので、それまでに山頂に立ち「元気で!」とエールを送りたかった。
でも足取りは重い。そういえば雪しか口に入れてなかった。行動食を口に入れるが唾が出ない。水で流し込んだ。

9:00に息子からの携帯が鳴り「山頂から飛行機に手を振って」と笑う。
「分かった、二人の健康を祈ってるよ」でもこんな飛行ルートを取るんかなぁ?

小屋のところで第4尾根を登って来たパーティと合流。
彼らは尾根の途中で一泊して来たとの事。何とか丁度10:00にピークを踏んだ。
それより南側には踏み跡がなく、腐れ雪に半身埋まったりしながらの悪戦苦闘が続いた。
途中飛行機の音。手を振りはしなかったが、改めて健康を祈った。

西尾根に入りこんだがすぐ気付いてクリヤの頭を目指す。
ルートは稜線の西側なので腐れ雪が続き、こりゃやっぱり一泊せないかんかなぁとつい弱気にも。
それでもよれよれだった体調も元に戻り、時計を見ずラッセルを続けた。
東北支稜を下り、出合で初めて時計を見る。14時ジャスト。
谷に向かって一礼し車に向かった。下山届けを出し14:40分車着。

第5尾根はやさしい尾根だが雪庇もずたずた、またナイフリッジもずたずたで、だからこそ面白かったと思う。
改めて条件によって全く違うのが山だと思い知らされた。

でも腐れ雪だけはいつの場合もいただけないなぁ〜!