千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

八ヶ岳 石尊稜


期間: 08年04月29〜30日
メンバー: 井戸、中村(報告)


天候:29日 快晴、 30日 晴れのち雪

井戸さんと二人で挑戦する石尊稜登攀は今回で2度目に当たる。一度目は雪稜登攀の経験不足から前進不能に陥り敗退した。

28日夜 土岐IC発〜美濃戸口手前の別荘地空き地スペースに駐車。軽食を摂り仮眠。

29日05:50 美濃戸駐車場を出発。赤岳鉱泉にて豪勢な個室の宿泊手続きを済ませる。今日は小同心クラックを登る予定だったが、大同心基部先の雪渓の緩みを警戒して、明日に予定していた石尊稜と入れ替えることにした。明日の予報は晴れのち雪。予報を当てにした入れ替えは成功するか。

石尊稜へはトレースを期待して歩くが、かすかに残るラッセル痕のみ。予想外に時間が掛かる。それにしても随分遠いな〜。やがて前方に見えてきた分岐が小同心ルンゼと無名峰北稜の出合であることを知る。ロス修正1時間半。その後、石尊稜の取り付きを確認。休憩の傍らこれからの行動を話し合う。万一、暗くなることを想定して石尊稜は明日に延期とした。と同時に小同心クラックは来期に持ち越しとなった。

30日04:50 ラテを点け鉱泉出発。前日付けたトレースをたどり石尊稜の下部岩壁を仰ぐ雪渓へ到着。急雪渓をリッジ上まで上がる頃、男性2名のパーティに追いつかれたので先に行ってもらう。

1ピッチ目、下部岩壁右から男性パーティが登りだした後、少し間を置いて私たちは左から登ることにした。硬い草付けはピックがしっかり刺さり、アイゼン前歯も岩を容易に捉える。ビレイポイントにて井戸さんを迎え入れたものの足場が悪い為、そのまま4mほど上の樺の木まで上がってもらう。

2ピッチ目、雪稜を数m登りきると、直ぐそこで男性はトップを確保中だった。中途半端な細いリッジ上は支点になるものも無いが暫く待つ。このピッチの核心はこの細い雪稜だった。

3ピッチ目、雪渓を時にはランナウトぎみに登る。

4ピッチ目、急雪稜の長い下りから始まるこのピッチは井戸さんに先に降りてもらった。平面にある一つだけ支点のとれそうな樺の木で確保されて慎重に降りるが、井戸さんが小さく見える。雪稜の状態にもよるが、雪稜や雪渓はコンテで無く、全て確保することにした。

ぼちぼち雪が緩みだした頃、空がねずみ色に覆われ やがて予報通りに降雪になる。待望していた気温は低くなってきている。見上げると上部岩壁が迫っていた。

11:30:5ピッチ目、上部岩壁手前の岩場を右から巻く。右下を覗くと遥か下まで切れ落ちている。この高度感は好きだ。今日のロープの支点取りは上手くいっているのか、全てスルスル上がってくれる。井戸さんを迎え入れると「あんた いつの間に すごいよ 嬉しいよ」声にならない声で泣いてくれた。

井戸さんと始めた歩きのバリエーションはいつも一緒だった。剣の北方稜線の縦走時、きわどいトラバース中に転落寸前があった。無意識による瞬時の足の入れ替えにより事なきを得た時「そんなこと、しょっちゅうだよ!何でもないよ」。「そうか!何でもないのだ」。井戸さんからいろいろ学んだ。頼もしく素晴らしい人だと思った。

上部岩壁基部に到着。基部を右に巻いている真新しいトレースを発見。男性二人が巻いたものと思われる。しかし相当な急傾斜。これを巻くなら岩壁を登った方が楽だ。直登ルートを登ってみたい衝動に駆られるが、観察するとアイゼン前歯のホールドは沢山あるが、手袋2枚はめて登るにはちと細かい。波多野さん市川さんと登った時は左の凹角をトラバースしている。直登する時間もないことだし、凹角をトラバースすることにした。途中の大岩に5mスリングでライン取りしながら完登まで残り少ない登攀を楽しむ。最終ピッチは井戸さんに登頂してもらいたくてトップをお願いしたが、すぐそこは稜線だと判り、コンテで登った。

14:50 石尊稜頂上 お互いを健闘し合い二人で抱き合った。感激して涙が出そうだったが平気なフリをした。ロープを片付け稜線を地蔵尾根へ急ぐ。

15:40 地蔵の頭 頭を少し下ったルート上は雪庇の出来た細い雪稜になっていた。今日の地蔵尾根は今までに無く高レベル。井戸さんが先頭で歩いてくれた。「時間掛かっても安全を優先にしようね」と、お互いに唱え 慎重に下降した。

16:40鉱泉小屋へ帰り着いた。

  日程二日の間に一本しか登れなかったが、私が長い間待ち望んだ井戸さんとの石尊稜リベンジは大成功でした。嬉しかったです。井戸さんに感謝。