千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

富士山報告


期間: 08年4月28日
メンバー: 日置(報告)・他


晴れ 気温マイナス2℃(富士宮口5合目駐車場)

28日 1時名古屋発
5時30分ごろ富士宮5合目駐車場着2,400M(富士山スカイラインは夜間通行止めになっていましたが、通れました)

6時ごろ出発。いきなり核心。富士山の斜面にとりつくために駐車場から3Mくらいの高さの雪の垂壁をのぼる。最初のうちは無風で傾斜のなく快適でした。フリース、アンダーグローブでOKでした。
高度計が3000Mをこえたあたりから、山頂から吹き降ろす風が強くなりました。
3100Mあたりでバックカントリースノーボードーのインストラクターをしている一人が離脱。この強風ではこれ以上板を背負って登れないとのこと。
3300Mあたりになると風に混ざって散弾銃の玉のように凍りの小さな粒が飛んでくる。台風姿勢でやりすごす。

そんなふうに頑張っているのに、ぼくのお腹が痛くなりトイレに行きたくなってきた。なんでこんなときに!と思いながらガマン。(ストッパを飲んでガマン!) 酸素が薄くなってきたのがわかる。フーフーハーハーゼーゼーと苦しくなってくる。

3,500Mからは凍りだ。しっかりとアイセンで歩かないとあぶない。アイスクライミングで鍛えてもらったおかげで、とくに不安感なくこなせた。

山頂の剣が峰には12時ジャストくらいに到着!山頂はほとんど風邪が無く快適。徹夜で着たので睡魔が襲う。

下りは斜面が凍っているから怖いなあと思っていたら、お昼になって暖かくなったおかげでサクサク歩けました。3300Mあたりから2,400Mの駐車場までいっきにシリセード。これがすっごく楽しくて、キャーとかいいながらいっきに滑降。もうひとりの仲間と二人で競争しながら下りました。

始めに登った雪の垂壁は懸垂でおりて無事駐車場に到着。2時30分ごろ。
駐車場にはおおくの観光客がいましたが、今回ぼくたちは登りも下りも誰も見かけませんでした。

帰宅してから、使ったズボンを見るとお尻がボロボロになっていました。(泣)

すごく良い経験になりました。高所で歩く大変さを体験!もっと楽勝で歩けるよう鍛えないとイカン。
頭痛 腹痛 睡魔 いろいろ襲ってきました。
もっと強くなって吹き飛ばそう!