千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

阿弥陀岳 北西稜

メンバー: 市川、日置(報告)
日時: 08年4月5日 

先週の土曜日に市川さんと阿弥陀北西稜にいってまいりました。
出発の前日、西村さんが名古屋に帰ってきており僕のお店に寄ってくださりました。
北西稜について「けっこう悪いよー」なんておしゃっていたので、少し緊張気味でした。でもそのことでワクワクもしました。
じつは市川さんに5日土曜日に行こうとお誘いを頂いたとき、ちょっとした用事があったのでお断りしようと思ったのですが、誘っていただけることが自分にとって成長する絶好のチャンスだし、この頃アルパインしていなかったのでこの機会を逃したら次はいつになることやら?と不安感に襲われ「いきまーす」とお誘いをうけました。
 
午前3時30分美濃戸を出発。
ヘッドライトをつけて歩き出しました。夜空にひかる星がいっぱいで感動。
しばらく歩くうちに夜が明けてきました。
めざす北西稜がきれいに観ることができました。
樹林帯を登っていきます。ラッセルが大変でした。
とちゅう野生動物のあしあとなどを見ることができ楽しかったです。
樹林帯をようやく抜けると、やっとここからアルパインだぜって雰囲気になってきました。
リッジを行きボルトがキチンと打ってあるテラスまでは、ただの歩き。
それからが本格的になってきました。
そこをスタートとしてP1はなんだか岩がもろくて草付きでいやらしい所をトラバース。
そhしたらこんどは上へ登る。市川さんがビレーしている場所が狭いので僕は少し下がった所でセルフをとり市川さんをビレーする。
P2はまたおもしろくて考えながら登る。もろい岩と雪がまざっていやらしい。
そこからの景色はかっこよかった。
P3はわずかな足下が切れ落ちている場所を岩肌を抱きかかえるようにしてのトラバース。高度感があり緊張しました。でもそこは日当たりが良くポカポカでした。
もうひとつルートがあるようですが、日陰は却下ということらしいです。
P4最終ピッチです。
ピッチの長さは最短かもしれません。この頃になると腕が疲れてきていました。
コールがあり登り出しました。
1個目のギアの回収に時間がかかり、腕が疲れからパンプ状態になりました。
ハーケンに残置スリングがあり、カラビナがなかなか外れずグローブしているせいもあり不器用でかなり大変な作業となりました。
そしたら次ぎはスラブが出てきました。ひどかった。
腕がとにかくパンプしていたのでA0で唸り声を出しながら休み休み登りました。
最後には素手でないと力が出せなかったので素手で最後の一手をとりのっこしゴールでした。
阿弥陀岳北西稜完登です。
フラフラでした。いままでで一番きつかったことは間違いありません。
ここのところずっと睡眠不足だったことも大きく影響していたと思います。
ただこの大変さは良い経験となりました。
一歩前進できたと確信がもてます。山に行って良かったと感じます。
まずは山に行くことが大切だなと感じました。
おかげで少しだけ強くなった気がします。
市川さん、ありがとうございました。
またよろしくおねがいいたします。