千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

錫杖岳/3ルンゼ、グラスホッパー


期間: 08.03.16
メンバー: 西村(報告)、中本



16日の日曜日に中本さんと錫杖に行って来ましたので簡単に報告します。
ルートは3ルンゼ&グラスホッパー継続。快晴無風、春爛漫の陽気の中、楽しい登攀が出来ました。

気温が高く雪崩も怖かったし、グサグサの雪でアプローチも面倒だろうと思い、早めに駐車場を出る。(2時半)
暗闇の中のんびりアプローチをこなし明るくなる頃に取付きへ。まだまだしっかりと雪が残る3ルンゼに入り登攀開始。(6時半)

F2,F4,F5 西村 F3,F6 中本で登る。中本さんのピッチは状態が悪く、大変そう。私のピッチは快適に登れました。F4の氷のトンネルはかなり狭く二人とも悪戦苦闘したが楽しかったです。3ルンゼのコルで第一ラウンド終了。(9時半)

コルからはメインディッシュのグラスホッパー左の氷柱が!いや〜カッコイイ!タッチの差で先行組が取付いた。
このまま帰るのは悲しいので指をくわえてしばし待つことにする。すると、なんと幸運なことに先行組の親父さんのクランポンがはずれてしまうではないですか!諦めた先行組は降りて行きまして、我々はいそいそと登る準備を始める。

バーティカルな氷に不慣れな私は歯が立たず中本さんにお願いする。豪快に2ピッチを行く。さすがです、脱帽。本人曰く「アックステンションしたのが悔やまれる」とのこと。次の少し短いが立った氷は西村担当。パンプする前腕に鞭を打ちアックスを振り、上部の雪田へ抜ける。

ここで登攀終了。(13時半)穂高の稜線がとてもきれいに見えました。

下降は隣の左ルンゼ側を懸垂する。これまたこの左ルンゼも素晴らしい!下に降りてみると右ルンゼの雄姿も拝める。もう二人とも釘づけになりました。

久しぶりに山に来た二人にとって満足できる結果でした。今回改めて錫杖は魅力あるエリアだと認識しました。
表も裏も登り込めばかなりの腕前になること間違いなしですね。近くて良い山に通いましょう!
中本さん、お疲れ様でした!


*グラスホッパーの詳細は岐阜ケルンの石際さんのHP(がおろ亭)を参照してください。錫杖情報満載です。