千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

富士山


期間: 1月31日〜2月3日
メンバー: 波多野、他1名

波多野です。1月31日夜発〜2月3日で富士山に行って来たので報告します。


1日 8:30御殿場駅でパートナーの田中さんと合流しコンビニで朝食をとった後、太郎坊から出発する。

今回はベースを登山口の入り口に置き、行けるところまで行って引き返してくる方法を3日間続ける計画である。

初日はラッセルをしていたため、標高2300mで引き返してくる。

2日 早朝2時ごろ出発する人達がいた。我々は4時に出発した。昨日付けた我々のトレースはすっかり消えていて、先発した人たちのトレースの後を追いかける。

標高2100mあたりから、風が強くなって先行のトレースも消えてしまった。
吹き飛ばされてきた雪が、雪面をはう様にして我々に向かって流れてくる。
沢の流れや斜滝の流れみたいである。こんな異様な光景は初めてであった。

標高2400m付近で後ろの田中さんが、手振りで「引き返そう」と言っている。自分も引き返したい気分だったのでちょうど良かった。

下山して時間が早かったしビールも切れてしまったので、町まで買出しに行き温泉にも入ってきた。

3日 2時出発の予定でいたが1時に起きると雪がポッポと降っていた。田中さんは外を見ながら「これは雨だよ・・・もう少し様子みようか」と言うことになり再び寝た。

もう今日の出発は無いことを確信した。自分もこの積雪の中「登りたくないな」と思っていたのでちょうど良かった。

田中さんは突然の予定変更などは良くある事だが、何の違和感も無く対応できる。気が合うというか、良い具合に歯車がかみ合っているようだ。