千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

唐沢岳 幕岩左方ルンゼ

日 時: 1/14日〜15日

メンバー: 松尾(記)、瀧根、市川

行 程:
      13日:葛温泉(12:30)〜高瀬ダム(14:00)
      
14日:高瀬ダム(5:15)〜左方ルンゼ取付き(9:30)〜F6終了(14:00)
          〜左方ルンゼ取付き(15:00) 〜高瀬ダム(17:00)〜葛温泉(19:00)

感 想:

1月恒例の幕岩、天候・体調に関わらず先ずは葛温泉に行くことだけを第一義に考え、

タオルを持参して今年もまた幕岩へ向かった。瀧根と行く1月の幕岩も今回で6回目を数えるのではなかろうか。体力・気力とも絶好調の瀧根と最近連続の山行中止・途中下山でくすぶりまくっていた市川の爆発力を以てすれば新雪ラッセルがあったとしても屁でもないはずだ!

13日、正午に葛温泉に集合する。気管支炎でテントが背負えないため、行きのジャスコで子供用のソリを購入し、準備万端葛温泉を出発した。しかし、高瀬ダムまでの道の大部分がトンネルとロックシェッドであったことを忘れていた!わずかに出現する雪道では多少機能したものの、アスファルトの上ではうるさい騒音をたてながらも意地でソリを引き続けた。次回は車輪付きのキャリーにする。                           

14時に高瀬ダムに到着。テン場をさらに奥へ伸ばそうと言う瀧根の前向きな意見を無視し「テント場はここ!」。「明日のため空身でトレース付けに行こう!」と冗談を言ったつもりが、テント設営後、瀧根は本当にトレース付けに歩き出した。その後を追うように市川も歩き出す、泣く泣く松尾も歩き出す。金時の滝で引き返し、テントに戻ってからは速攻で酒宴を始めた。瀧根はもちろん上機嫌で16時から23時まで酒・焼酎を飲み続け、ようやく飲む酒が無くなったため大人しく寝てくれた。

14日、4時に起床して5時過ぎラテを点け出発。市川が先頭で引っ張ってくれる。8時過ぎにB沢に入る。今日はこれまでの幕岩と違い青空の下でくっきりと全体が観察できる。しかし、谷にも岩にも雪が少ない!

9:30に核心のF2に取り付く。ここまでの疲労の度合いから「テントに帰って寝てる」とリタイア宣言をしたが、二人の暖かい説得に心を揺さぶられ登攀続行を決意した。

F2は落ち口からつらら氷が垂直に5m程度円筒状に集合している。瀧根がトップで氷の左側面から取り付くものの氷の質が悪く苦労している。選手交代で市川・松尾が取り付くもバイルを打てば割れる氷で、あっさり手を引いた。再度、瀧根が挑戦し、左側面を中程まで登りセンターに回り込み突破した。ラストの松尾は登り初めてすぐにスリップ、行きたくないもセンター部分に振られてしまった。ロープにテンションをかけつつようやく二人の元へ到着。瀧根は私の存在をしっかり腰のATCに感じてくれたものと思う!

F3からは部分的に垂直になるいくつかの滝を三つ巴のつるべで超えスピーディーにルンゼ上部を詰めて行った。見下ろす高瀬ダムと谷を挟んで眺望する不動岳・藤沢岳の山並みが最高である。F5、F6終了点で記念写真を撮りつつ、14時には終了点に到達した。

下降のB沢へは東へいくつかの尾根の弱点を越し、急な疎林帯を下降しB沢上部に入る。瀧根と市川はあっと言う間に消えてしまった。待ちに待った下降だというのにフラフラでスピードが出ない。左方ルンゼ取付で二人に追いつきガチャ分けし、テントへ向けて下山を開始するが、またしても間がひらく。金時の滝では下降にロープを使うため、二人が待っていてくれた。

17時にテント着。テントを撤収し行きに活用(?)したソリを引きずって葛温泉まで歩く。瀧根・市川は19時には到着したが、松尾はそれより遅れること45分!ラスト10分で

入浴を済ませ解散した。もう七倉から葛温泉までの道で遭難しそうだった!!

 今回、正直言って入山前から体調不良で山行に自信が持てず、迷いもあったが年間計画で打ち上げた手前やるだけやろうと実行した。結果、瀧根・市川の両名には大変迷惑をかけてしまい反省している。

15年ほど前、瀧根と二人で1月の唐幕・冬壁の帰りに谷の出口付近で10歳は年上と見られる二人連れのパーティとすれ違った。この時、「我々も10年後に現役でやってて若いパーティとすれ違うかもな」、「お互いにあの年になるまで冬壁をやろう」と約束した。

フラフラの足取りで情けなさを感じつつも、あの時の約束通り1月の唐沢の谷を元気に歩く瀧根の背中を見つつ、そのトレースを歩いている自分がとても嬉しかった。

まだまだ1月の幕岩詣でを続けていくぞと心に誓った!そんなことで市川さん、これからもラッセルをよろしく!