千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

御嶽山


期間: 12月23日
メンバー: 波多野、辻(記)


23日、雨、朝3時定光寺集合。どこから雪かな、と話しながら山へ。王滝あたりから雪はあるが雪はやんでいる。5時半頃、スキー場着。ピーク目指すならロープウエーに乗ることにして、仮眠。

8時前にゴンドラは事故の調査中で運休中とわかり、スキー場から歩くことに。仮眠せず歩けばと、少し後悔。しかし、天気は回復してきて、暑いくらい。歩いて田の原9時半.ワカン着けて行く。

重たい新雪でワカンは機能発揮するが、後続の辻でさえ、雪の重荷にあえいだ。先行くリーダーはかなりラッセル大変だったろう。

樹林帯ぬけるのに、かなり時間がかかった。やっと7合目金剛童子。そのあたりでワカンはずす。

天気はがすったり、少し前方が開けてきたり。ほとんどやすまず、ゆっくりでも前に進む。だんだん空気が薄くなる感じ。やっと、9合目、王滝山の頂上。時間は1時40分頃。ピークまで往復1時間はかかるので、今回ここで下りることにした。下りはすべりおちるような速さでおりる。天気は回復して振り向くとでっかい御岳がたのしめた。

樹林帯ではやはりところどころ雪にうまりながら、今度はピークまで行くよ、と御岳に約束して駐車場に戻る。3時45分。