千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

八ヶ岳赤岳主稜取り付き


期間: 07/12/16
メンバー:  曽我、辻、西田、松尾(記)



○12月16日の八ツの山行報告です。

16日早朝、美濃戸よりスタートしたものの夜半のからの雪でトレースが消えており、ルートを考えながら歩く。
いつもより遅れて行者小屋に着。この時点で松尾はグロッキー状態。天気も良くないが、とりあえず主稜取り付き点まで行こうと装備を着けて出発。あえぎながら文三郎の下降点にたどり着くが・・・すでに11:20。

取り付き点まで行ってみようと下降したが、新雪の下の岩は締まっておらずボロボロ。今回はここまでと諦め、下山開始。
14:30頃に美濃戸の駐車場に着。


(感想)

・毎年通っている行者小屋までの道でルートファイディングしたのは初めての経験。
・文三郎尾根が垂直に見え、もうツエルトビバークしたかった。
・しっかり寒かった。
・翌17日は風邪がぶり返し、休暇。


曽我さん、辻さん、西田さんご苦労様でした。