千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

甲斐駒赤石沢奥壁


期間: 9/21日〜23日
メンバー: 松尾(報告)、市川

○行 程

 21日:仙流荘(8:05)→北沢峠(9:00)〜甲斐駒頂上(14:20)
 22日:頂上(5:00)〜左ルンゼ取付(6:30),中央稜取付(11:00)〜終了点(13:30)〜取付(14:00)〜甲斐駒頂上(16:50)
  23日:頂上(4:30)〜北沢峠(7:10)→仙流荘(8:00)

○感想等

  当初、Aフランケ〜Bフランケ〜奥壁の継続登攀を予定していたが、入下山時のバスの発着時刻、飲料水確保の関係から、甲斐駒頂上をベースに奥壁のみの登攀に変更した。

(奥壁左ルンゼ)

 1P市川リードで取り付くが、残置ピンがほとんど無い、苔付着のスラブ等状況が非常に悪く、二時間の苦戦の末、ボルトを打って懸垂下降にて終了する。

(奥壁中央稜)

 1P〜3P松尾リード、4P市川リードで終了。これより上部は300mのブッシュ帯の歩きとなるため、取付に懸垂下降する。 八合目に戻り、市川が空身で七合目小屋にビールを買いに走る。その間松尾は下痢ピーでキジを撒き散らす。

 
頂上で今日一日の努力に対しビールで乾杯する(腹は痛くても酒は飲む)。三日目は北沢峠始発バスに乗って速攻下山した。

 とにかく、入山日は暑かった!ザックが重かった!いつも生活用水を背負い続けた!腹が鳴り続けた!岩がボロかった!…でも、楽しかった!!

 
市川さんお世話になりました。