千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

前穂北尾根〜明神主稜線縦走


期間: 8/25日〜27日
メンバー: 松尾(報告、)福田、加藤(やまびこ)


○行 程

25日:上高地(7:25)〜徳沢(9:30)〜奥俣白池(14:10)
26日:奥又白池(4:15)〜北尾根V・VIコル(6:00)〜前穂高岳(11:00)〜明神I峰(13:30)〜II峰(14:40)〜V峰台地(17:00)
 27日:V峰台地(6:40)〜上高地(9:50)


○感想等

 体調不良で出足の遅れた夏山を挽回したく、歩きも岩トレもしていない状況を鑑みて、無積雪期に歩いた経験のない明神主稜線の縦走を組み込んだ前穂北尾根からの継続縦走を計画した。

 久しぶりに訪れた奥俣白池は誰も居ず、静かに水面に前穂の姿を映していた。その後単独の登山者が現れたものの水場近くの離れた場所にテントを設営したため、池畔は我々のテントのみで奥又の静寂な空間を独占することができた。

 テント設営後、福田・加藤に食事の準備を頼み空身でV・VIコルへのアプローチを確認に行った。小ルンゼを渡ろうとした時、ほぼ同時に対岸より猿の群れが30m程上部を渡り始める。頻繁に石を落とすため、最後のボス猿が渡り終えるまで15分も足止めを食うこととなった。コル近くまでの下見を終え17時過ぎに帰営した。深夜、十三夜の月に青白く照らし出された前穂東壁・明神の神々しいまでの美しさに感動し、池の畔に座りこみしばらく見とれていた。

 翌朝はコル到着一番乗りを目指し、ヘッデンを着け暗いうちに出発したが、コル到着時には既に五人1パティーが装備の装着中であった。その直後、涸沢から二人組も到着し、都合3パーティーが順次スタートし、我々は最後尾をのんびり歩いた。III峰での渋滞を心配していたが、五人パティーは足並みが揃っており、コンテで素早く登って行った。おかげで待ち時間もなく午前中のうちに前穂に到着できた。快晴・微風の中、頂上でこれから向かう明神の稜線と向き合って大休止をとった。

 奥明神沢のコルに降り立つと主峰前衛壁への登りとなる。振り返ると紀美子平から重太郎新道を歩く登山者の連なりが見える。

 主(I)峰を越え、続くII峰はI・IIのコルから二ピッチで簡単に稜上に出、III峰は基部を岳沢側から巻いてIV峰に到着した。ここで加藤とのロープを解き、これまで越えてきた稜線の景観を楽しんだ。IV峰からは一般縦走路となり雑談を交わしつつV峰台地に到着した。

 27日は、朝食も後回しにしてV峰台地から見る夜明けの上高地の景色を楽しんだ。V峰台地は上高地に張り出した特設テラスと言われるだけあって、西穂側の山並みを乗り越えて上高地へ下降していく雲の流れはまさに山水の世界であった。さらにテント撤収後の下山時にはブロッケンのお土産までつけてくれて、ご来光の中の自分の影に思わず合掌して
しまった。急勾配の南西稜を下り観光客に賑わう上高地に到着した。

 喧噪の河童橋のたもとで前穂・明神を振り返り仰ぎ見て、感謝と惜別の念を感じつつもバスセンターへと歩を早めた。
 初めての岩稜縦走にも関わらずしっかり歩き登った加藤さんとサポートしてくれた福田さんに感謝します。