千種アルパインクラブヘッダー
千種アルパインクラブ会員募集中
千種アルパインクラブ会の紹介
千種アルパインクラブ入会案内
千種アルパインクラブ山行記録
千種アルパインクラブCACブログ
千種アルパインクラブ年間行事
千種アルパインクラブ写真集
千種アルパインクラブリンク集

2006年春合宿

期間 2006年5月3ヨ〜5月4日
山行 北アルプス後立山五竜岳
G2中央稜
パーティー 松尾、福田、武藤、
市川、井戸
記録 井戸
日程
5/3 テレキャビン8:15→小遠見山9:50→西遠見山11:45(BC)
5/4 (BC)3:40→G2中央稜下部5:15→G2の頭7:30→五竜山荘8:00
→(BC〉9:00〜昼食〜11:15→地蔵の頭1:00〈360゜の眺望〉→
テレキャビン1:15


5/3 入山前に多発した事故も、合宿時は天候に恵まれ、不安はなかった。
西遠見のテントサイトは、快適そのもので、大きなダケカンバの前のテント跡を利用して張る。

鹿島槍北壁五竜の割菱と見飽きることのないロケーションに目を奪われる。
意外に雪は少なく、GII中央稜もブッシュが出ている。
白岳沢への下降地点を確認後、早めに就寝。
夜間2度ほど雪崩の音を聞く。


5/4 4日早朝ヘッドランプをつけ下降を開始する。
思った以上に寒さは感じない。
沢は完全に雪に埋まっている。
末端壁、ルンゼとも面白くないとのり一ダーの判断で、急な雪壁を登る。
雪はよくしまっている。稜上のハイマツのブッシュに足をとられ、
右に左に雪をつないでいくうちに自分がどこにいるのかわからなくなる。
キの字型のルンゼより稜上にでるが、亀裂が横に入っており、
雪質がザクザクのザラメ状態が部分的にある。
フィックスロープを張り、ダブルアックスで登る。
岩稜をトラバースして登っていると、「降りて左の沢を」とアドバイス、
雪の斜面を登りG2の頭に出る。キックステップでノーマルルートヘ下降し下山する。

昼食はシチューで時間はたっぷり。
A沢の上部から下降する人一人あり。何事もなく降りられホッとする。
フィックスを張った場所の亀裂もひろがってきている。
帰路、今日登った稜を飽きる事無く眺める。
ルートの確認もし、いつもながら幸せに包まれる一時である。
ボーッと魅入り、暖かい春の日は体も心も優しく包んでくれる。
リー一ダの的確なルートファインディングとメンバーに支えられて、
楽しくかつ安全な登攀ができた。

最近膝痛に悩み、年令の壁を自覚する。
山への挑戦に加えて年令への挑戦が加わった。
まだギブアップはしたくない……。