生物科学研究所 Laboratory of Biology 井口研究室ホームページ

生物科学研究所(長野県岡谷市) Laboratory of Biology, Okaya, Japan

Yutaka Iguchi 井口豊

Yutaka Iguchi
Director
, Laboratory of Biology

If you have questions or need more information about our research, click here: Contact Information.

井口豊
生物科学研究所 (長野県岡谷市

お問い合わせや講演依頼は,所在地と連絡先を参照して下さい。分野を問わず,全国の学生や研究者に対して,研究協力や統計データ解析支援を 行なっています。最新情報は,生物科学研究所ニュースに書かれています。

研究例の紹介

To Top of Page

統計学およびデータ解析の解説

To Top of Page

辰野町の外来種ホタル問題

長野県上伊那郡辰野町の松尾峡は,かつては自然のホタルの名所だったが,観光目的で,国内最大規模の外来種ゲンジボタルを移入養殖し,生物多様性撹乱を引き起こしている地である。その生態破壊の歴史的・生物学的事実を観光客に隠して,有料でホタル見学をさせている観光地である。

To Top of Page

長野県の生物多様性問題

To Top of Page

岡谷市の地形地質と災害

To Top of Page

生物科学研究所ニュース

全般

著作物や研究発表に関しては,Publications (研究論文など)に,随時追加,あるいは,PDFのアップが行なわれるので,チェックしてほしい。

全国の大学生や大学院生に対して,研究協力や統計学的データ解析の支援を行なっています。さらに,小学生から高校生に対して,科学研究の支援も行なっています。それらの内容については,井口研究室の紹介の中で,特に,教育を参照して下さい。


ニュース 1 ()

辰野ほたる祭りが,6月10日から始まる。今年も相変わらず, 地元のホタルを保護し増やしてきたと宣伝している(辰野町観光サイト)。しかしながら実際には,県外で購入した外来種ホタルを増殖させたきたのである。

長野県辰野のホタル再考: 観光用の移入蛍で絶滅した地元蛍 松尾峡ほたる祭りの背景にあるもの

ニュース 2 ()

大学研究者との共同研究の成果発表

尾之上高哉・井口豊・丸野俊一(2017)
目標設定と成績のグラフ化が計算スキルの流暢性の形成に及ぼす効果
教育心理学研究 65(1): 132-144.

小学校の算数教育におけるゴールセッティング効果の研究であり,線形混合モデルと共分散分析で統計解析された。


ニュース 3 ()

ブログ更新:NHK実践ビジネス英語:統計学用語・四分位quartileを巡って

放送の中では,quartile という単語が「 四分位群」の意味で使われた。しかしながら,統計学の講義やテキストでは「四分位数」の意味で使われ,新聞やテレビやラジオでは「 四分位群」の意味で使われることを解説した。


ニュース 4 ()

Wikipedia 更新
Earwig

In literature and folklore の項目に,日本を代表する文化昆虫学者・高田兼太の論文の簡単な解説を付け加えた(2017年1月7日 (月) 10:08; Iguchi-Y)。

Kenta Takada (2013)
Vulgar dialect names of earwigs used in Kansai Region, Japan
Kiberihamushi. 36 (2): 20–22.

和文タイトル:
高田兼太(2013)
ハサミムシの不名誉な俗称
きべりはむし,36 (1): 20-22


ニュース 5 ()

研究室ウェブページ更新
Fisher正確確率またはカイ二乗検定から多重比較へ

Fisher 正確確率検定と Benjamini and Hochberg 多重比較法を使った研究例として,私が統計解析を指導した次の論文を追記した。

尾之上高哉・林原有佳・宇野宏幸(2015)
文化祭の劇づくりの中での生徒の学びの検討-目標に対する達成度評価を手がかりにして
兵庫教育大学研究紀要 47:153-160.


To Top of Page